ラベル おしらせ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル おしらせ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/08/19

手間のいらないトマトを楽しんだ夏

「手間のいらないミニトマト」は、本当に手間いらずで、かなりの収穫がありました


自家製トマトとインゲンのポテトサラダ


秋の始まりを感じさせる雲

新たに芽吹いたインゲンと夏空

 

 

 当サイトをお読みいただいている皆様へ

ラマダーン月明けから、更新が滞っておりました。早めの夏休みをたっぷりとってしまった格好です。

猫の額ほどの家庭菜園のトマトの成長と収穫を喜びつつ、コロナ禍で動けない現状の中、更新まで静かになってしまっておりました。

かつてない規模や頻度の洪水や山火事が世界各地を襲う中で、止まらないコロナウイルスの感染拡大。

今、無事に生きていられることへの感謝を新たにしています。

 

シロアリが先か腐敗が先か

金融資本主義化において「私的所有」がかつてない勢いで格差の拡大も引き起こしつつ肥大化していく中、「公」なるものの復権、あるいは、再構成の議論がなされています。

国家予算に近いところにいる一部の人々が「公」を合法的に「私」を、シロアリのごとくにボロボロに食い尽そうとしているように見える状況の中で、「公」の議論は容易ではないかなと思います。

誰にだって、心の中にシロアリが住み着かないとは言えません。甘いものをご褒美に、自分で自分をほめたくなるけれど、糖の一部には激しい依存性があって、糖尿や通風を引き起こす。体質にもよるので、もちろん、一概には言えませんが、一つのサインかもしれません。

コロナ禍で経済的な意味だけでなく、社会的にも、心理的にも、かなりはっきりとした分断化が進んでいる状況を世界共通で抱え込まされている現在、シロアリたちは群れをなして、「公」を国家や、体制や、主義主張、イデオロギーの延長線上で考えようとするかもしれません。

むしろ、トマトの甘みに感動しながら、マヒした味覚を取り戻していく。トマトが天からの奇跡的な賜物であると思えば、その愛おしさに甘さも増す。

「公」については、そのあたりから発想しなおしてみてはどうかなと個人的には考えます。

 

忘れたころの更新になってしまうかもしれませんが、どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

このページの閲覧数が投稿後約1週間「0」を保ち続けているため、行間にあった想いを、書き出して「しるし」から「現代社会」を読む小エッセイに拡張してみました。


2021/05/13

イード・ムバーラク!

節制生活お疲れ様でした

2021年のラマダーンが最終日を迎えました。節制生活を送られた皆様、本当にお疲れ様でございました。
今年は、コロナ禍で全世界規模でイードの礼拝も自宅にて行うことを余儀なくされております。



自宅で行うイード礼拝


そこで、自宅で行うイード礼拝の最低限をお知らせしてみます。


まず時間ですが、日の出の45分後からズフル礼拝の45分前まで。
時間的な余裕をみれば、東京近辺の場合は、6時半から10時半の間に済ませれば問題はないでしょう。

イードの礼拝は、2ラクア


回数は、ファジュルの礼拝と同じ2ラクアですが、タクビール(「アッラーフ・アクバル」と唱えること)の回数が違います。


一回目のラクアでは、合計で7回。2回目のラクアでは、合計で5回です。

一回目のラクアでは、「ファーティハ(開端章)」の後に「(アル・アアラー)至高者章」(第87章)をそして2回目のラクアでは、「ファーティハ」の後に、「アル・ガーシヤ(圧倒的事態章)」(第89章)あるいは「アッ・シャムス(太陽章)」(第91章)を読むのが、スンナ(ムハンマドの言行)であると、モロッコのイマームによる下のURLでも説明があります。


そのURLではコロナ禍でモスクで祈ることができない非常事態のためにと、家でのイード礼拝がコンパクトに示されています。イメージがつかめないようでしたら、参考になさってください。
https://www.youtube.com/watch?v=KXO9Kf37WI4

イード礼拝の後は、通常であれば、訪問などを行って、1か月間の喜びを分かち合うとともに、互いのつながりを大いに温めるところですが、今年は、そのあたりの工夫も求められています。


「この世でもよく、あの世でもよい」

空爆するお金があるのなら、ワクチン接種に使ってください。
打つべきはロケットやミサイルではなく、ワクチンです。

立てるべきは、自分たちだけの権益や正義を守るための壁ではなく、世界の津々浦々に届く集団接種によるコロナウイルスを封じ込める免疫の壁です。


来世に託す前に、まだまだやれることはあるはずです。

当ブログの読者の皆様に、そして信者であるなしにかかわらず、世界の一人ひとりに皆様に、慈愛あまねき、慈悲ぶかき御方のご加護と祝福がありますように。

イード・ムバーラク


お詫び

 お詫び

4月12日、ラマダーンのサウムの開始に関する投稿に、重大な誤りがございました。

さまざまな検索の結果が「夕方から」となっていたところから、ラマダーン月の初日を実際より1日後ろにずれたままで投稿してしまっておりました。

このような不正確な情報を投稿してしまったこと、そしてその投稿に従って、開始日をずらした方々に対しまして、心よりお詫び申し上げます。

なお、この誤りの罪は、ひとえに情報発信者にございます。参考にしていただいた皆様には、何の責任もありません。皆様の実直な決断によるものである限り、ラマダーンのサウムの有効性にも影響しないものと考えられます。アッラーは、すべてを御存知。

なお、日付と新しい月の確定方法を盛り込んだ訂正版を改めて投稿してございます。ご確認いただければ幸いです。

このような誤りが起きないよう投稿には、より一層の慎重さを持って臨む所存でございます。

改めまして心よりお詫び申し上げます。



2021/04/05

お詫び:1カ月も開いてしまいました

「アッサラームアクション」をお読みいただいている皆様

 

皆様、お変わりございませんでしょうか。

気が付いてみますと、最終の投稿公開からすでに1か月以上が経過しております。

少しでも多くの方に読んでいただこうと、この1か月間、ワードプレスへの移行を試みておりましたが、そちらのサイトはまだ公開に至れておりません。

まだ、時間がかかりそうですので、しばらくは、このサイトにて投稿を続けさせていただきます。

新しいサイトの公開に際しましては、皆様にいち早くこのページを通じて、お知らせいたします。

引き続き、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。


 

 



 

 

注目の投稿

里親という希望の光

■ ストレスに傷つけられていませんか?  周囲から些細なストレスに対して、次のような反応に出会ったり、感じたりしたことはないだろうか。 「ストレスを自分に対する攻撃と受け止め、すぐさま反撃行動に出てしまう」 「暴力的な行動で他人に対して怒りを爆発させる」 「自分自身を傷つける行動...

人気の投稿