ラベル 現代社会論 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 現代社会論 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/02/22

視界は澄み切っているか?:「空気」を超えていけ!

 

『旧約聖書』「伝道の書」は言う。「空の空、すべては空」と。

何をやっても空しいのだ。


地上の多くの知恵と知識を得て、心を尽くして知恵を知り、

狂気と愚痴を知ろうとした。

しかしそれも風を捕えるようなものと悟ったとも言う。

 

「空気」に振り回され、「空気が読めない」と批判を繰り返す社会があるけれど、

その「空気」を作り出すのは人間たちだ。  

 

互いに妬みあい、憎しみあうドロドロした気持ちが、「空気」を生み出し、勢いづける。

 

それにSNSが絡まると「空気」は巨大な雲に発達し、停滞し、とめどない石礫さえ降る。

 

★★

 

かつて、大学の講義で空気を読まずに聖典を読めと言ったことがあった。

「空気」から自由なのが聖典であるし、

澄み渡った「空」に直接つながっているのが聖典のつもりだった。

シンプルにそういうものだと信じていた。

 

たしかにそれは、「空気」が吹き込まれている人の言葉ではない。

 

しかし、読むのは「空気」の空しさが分からない人間だった。

「ワイルン」を願望や祈りだと読むのは人間の側だ。

 

だから、「空気」に流されることのなく世界の変化と創造を見据え、

「聖典」を手掛かりにそして、その檻の中にとらわれることなく、森羅万象を読む。

 

つまり、読むべき本は2つ。

啓示によって下された創造主の言葉によるアーヤ(徴し)と、

この瞬間も創造主の存在を示してくれる、五感に感じることのできるアーヤ。

 

ただ、心にとめておいてほしい。青空からは雨が降らないことを。

雨が降らなければ、命は生まれないし、保たれない。

雲や風に一喜一憂するのに理由もあるのだ。

だからなおさら、その向こう側の存在を忘れない。

 

それを宗教者は「聖なるもの」と言い、

それを恐れることが「知恵」のもとであり、それを知ることが「悟り」であると。

 

★★★

 

また「伝道の書」は言う。「人の語るすべての事を心にとめてはならない」と(7:21)。

 

それは、「他人からの呪いを聞かないため」。

 

自分の胸に手を当ててみれば、心が、「しばしば他人をのろった」のを知っている。

自分以外の人がそうでない保証はどこにもない。

 

だから、他人の言葉をすべて心にとめれば、その呪いが刺し込まれることになる。

 

しかもそれは空気の産物であるだけにたちが悪い。

空気はとめどなく膨張する。心は間違いなく破裂する。

 

結局、誰かを呪えば、それが、自分に返ってくるのだ。

 

こう考えていくと、人の言葉のいちいちを心にとめれば、

自分の呪いに呪われることが分かる。

 

何かと空気にざわつき、振り回されがちな心への戒めがそこにはある。

 

★★★★

 

とはいえ、「空しさ」は止まらない。

どんなによく生きたとしても、どんなにひどく生きたとしても、

死んでしまえば同じだからだ。

 

この事態をいかに乗り切るのか。

 

イスラームは、最後の審判を明確に置くことによって、これを乗り越えようとした。

 

ムハンマドの言行によれば、

中傷も、罵りも、妬みも何も、恨みのもとになりそうなものは端から禁止されている。

 

それでも、それらから離れられないのが人間である。

 

そのことも熟知の上で、あるいはムハンマド自身がそれを認めた上で、

誤りや過不足は、すべて最後の審判に預ける。

 

呪うことを止めることができないなら、どこかでそれをフォローする必要が出てくる。

最後の審判に、その役割が委ねられた格好だ。

 

だから、それを嘘だということは許されない。

最後の砦の破壊だからだ。

 

自分が報復しなくても、アッラーが必ず報復してくれる。

中傷者は、地獄に落とされるのだから、自分がそのことに気をもむ必要はない。

 

それにもかかわらず、怒りも争いも一向に収まらない。

「あざける者を責めるな、おそらく彼はあなたを憎むであろう」(箴言9:8)

 

あざける者を責めても、彼からは憎しみしか出てこない。

そして、「憎しみは、争いを起す」(箴言10:12)

 

「ワイルン」(聖典クルアーン「中傷者章」ほか)が

憎しみの、そして争いの火種になっていなければよいのだが。。

 

★★★★★

 

詩人がやってきた。天国も地獄もない世界を想像してみてって言う。

あるのは、みんなの上の同じ空だけ。みんなが「今」を生きている。

 

国家も宗教もない世界を想像してみろとも言う。

そのために死ぬことも戦うことも殺しあうこともない。みんなが平和に暮らしている。

 

詩人は続けた。

夢みたいなことだと思うかもしれないけど、おれ一人の考えじゃないんだ。

君もいつか仲間に加わってよ。そうすれば世界は一つになる。

 

そこには、おれのものって考えもないんだって。

だから、欲張りもいないし、飢える人もいない。

 

しかも、みんなが同じ言葉でわかりあっている。

 

夢みたいなことだと思うかもしれないけど、おれ一人の考えじゃないんだ。

 

君もいつか仲間に加わってよ。そうすれば世界は一つになるって、詩人は繰り返した。

 

★★★★★★

 

天国、地獄という檻、国家や宗教という檻の中で、

ひたすらに自分の持ち金を数えて、自分だけは永遠に生き続けられるなんて、妄想だ。

 

「利息と高利によってその富を増す者は、

貧しい者を恵む者のために、それを蓄える」(箴言 28:8)だけでなく、

たくさん稼いで実際に困っている人たちに恵んで、みんなで分かち合う。

 

「中傷者章」が想定していない事態。

 

あの世にまでもっていくわけではない。あの世の分をこの世で回す。

 

こちらの方がよほど長持ちする。

究極の外部(幽玄界)を得て人も富も生かされるというものだ。

 

欲を捨て、執着を捨てて、自分に与えられた自分の分を生きられることを楽しみとする。

詩人は、コヘレトからも菩提樹の悟りの主からもヒントを得たようだ。

 

★★★★★★★

 

経済学者[i]がやって来た。マルクスを読み直せと。

人間たちの活動の痕跡が地球の表面上を覆いつくした時代

「人新生(ひとしんせい:anthropocene)」

 

生産手段だけでなく地球を「コモンズ」として労働者が管理せよと。

 

宗教がかつてのアヘンならSDGsが「人新生」のアヘン

地球と人々の暮らしを「脱成長のコミュニズム」で救おうと。

 

詩人と経済学者の間に、『旧約聖書』が見え隠れする。

 

タルムード(モーセ5書をベースにしたユダヤ人の生活規範)を超え、

シャリーア(クルアーンをベースにしたムスリムの社会規範)も超え、

その先の展開を考えよう。

 

物質主義は、地球が壊れるというけれど、人間が壊れ始めている。

 

優れていると自任する一握りが支配する形ではなく、

一人ひとりがこの地上で自分の人生を生きていける道を探そう。

 

★★★★★★★★

 

 

いずれにしても、人の言うことをいちいち気にする必要はない。

空気に押しつぶされそうになったのなら、せめて空の青さを見つけよう。

マインドフルネスの手法の一つでもある。

その青さは、創造主のキャンバスの色。

きっと自分の色がよく映える。



[i] 斎藤幸平『人新生の「資本論」』集英社新書1035A2020922日。

2021/02/14

“人の語るすべてを心にとめてはならない”(旧約聖書「伝道の書」7:21)

 

 

 

 

伝道の書は、言う。「空の空、すべては空」と。

 

 

 

 

 

 

「空気」に振り回され、「空気が読めない」と批判を繰り返す社会。

とはいえ、「空気」は、人が作り出したものに過ぎない。

 

 

 

 

互いに妬みあい、憎しみあうドロドロした気持ちが、「空気」を生み出し、勢いづける。

 

それにSNSが絡まると「空気」は巨大な雲に発達し、停滞し、とめどない石礫さえ降る。

 

 

 

 

空気を読まずに聖典を読めといった人がいた。

 

「空気」から自由なのが聖典。

 

澄み渡った「空」に直接つながっているのが聖典。

 

 

 

「空気」が吹き込まれている人の言葉ではない。

 

だから、「空気」に流されることのない世界を見据え、「聖典」を手掛かりにあるいは縛られずに、天に地に創造主を読む。

 

 

 

「空気」にもいろいろある。空しさも欲望。。とどまるところを知らない。

 

ネットでは、時に、妬み、憎しみ、恨み、あからさまな誹謗中傷が「空気」の言葉として投げつけられ、淀み続ける。

 

 

 

「人の語るすべての事を心にとめてはならない」と伝道の書は言う(7:21)。

 

「他人からののろいを聞かないため」だ。

 

 

 

それは、「しばしば他人をのろった」のを知っている自分の心があることの証し。

呪いはまさに「空気」の産物。結局は自分に返ってくる。

 

 

 

人の言葉のいちいちを心にとめれば、自分の呪いに呪われるという戒めに読める。

いずれにしても、いちいち気にする必要はないということ。

 

空気に押しつぶされそうになっていたら、空の青さを探そう!

 

2021/02/12

ゼミって何?

ゼミって何でしょうか?

 

 

 

大学などの教育の場面で行われる授業の手法の一つで、

 

大人数が同時に受講する「講義」とは異なり、「演習」と呼ばれることもある科目です。

 

特定のテーマや関心について、

一定の知見と関心を有する担当者(大学であれば担当教員)と比較的少数の参加者が、

報告、討論、講読などを通じて探究を行います。

 

対話的であり、双方向的であるため、効果的に参加者の創造力を引き出す探究の手法でもあります。

 

 大学等では、ゼミでの探究の延長線上に卒業論文が位置づけられていることも少なくありません。

 

現在の大学制度の下では、知的探究と学問の発展の核になっているものと言っても過言でないですね。


学ぶ側からみると、このテーマについては、時間をかけて、調べ、考え、書き、報告もしたという自分だけの学びを究める機会になります。

 

なお、この「自分だけの学び」を得ることの贅沢を味わうことができるのは、いわば学生(広い意味で真理を求めようとする者)の特権です。

 

コロナの影響で、ゼミ活動が十分に行えない大学をはじめとする教育機関が多いと聞いています。

学生にとってはまさに受難の時代ですが、この難局においてなお、いかに探究を展開していけるか、まさに、関わる人々の知恵が試されていると言えます。

 

ゼミ活動の前段階なり、ゼミ活動に並行して、その研究・探究をサポートするのが、グローバル・リサーチ・アカデミーの大学生向けサービスです。

関心のある方は、globalacademicresearcher@gmail.com までご一報ください。


注目の投稿

里親という希望の光

■ ストレスに傷つけられていませんか?  周囲から些細なストレスに対して、次のような反応に出会ったり、感じたりしたことはないだろうか。 「ストレスを自分に対する攻撃と受け止め、すぐさま反撃行動に出てしまう」 「暴力的な行動で他人に対して怒りを爆発させる」 「自分自身を傷つける行動...

人気の投稿