ラベル 徴(しるし)を読む の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 徴(しるし)を読む の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021/08/29

思い込みと決めつけが人の命を窮地に追い込む

「東京都若者向け接種会場(渋谷)に希望者が殺到。長蛇の列。結局抽選に」

「カブール空港に出国希望者が殺到。死者まで」

ここ数日、衆目を集める、この二つの事象だが、命を守るための行動が命取りになりかねないという点で共通している。コロナウイルス感染に対する恐怖、タリバンの暴力の標的にされることに対する恐怖。自分だけではない。家族もまた同様に危機にさらされる。

カブールでは悪夢が現実のものになってしまった。「ISIS-K自爆テロで200人を殺傷」。即座に米国は無人機による報復攻撃を行なった。

 

東京とカブール。両者に共通するのが、これらが政治的な判断のミスによって引き起こされたと言いうる点だ。見通しが甘すぎる。

市町村が行なう接種の予約が非常にとりにくい現状がある中、渋谷で、若者(16歳から39歳)を対象に行う予約なし接種である。なぜ、200回や300回の想定で接種を開始しようとしたのか。

そこには、若者は接種に否定的という決めつけがあったように思う。これまで、第5波の感染拡大の要因の一つとして、酒類の販売・流通業者とともに、非難の矛先を向けられてきた若者たちである。否定的な論調は、ネット上で言われていたことを地上波が増幅し、それを政府が犯人を仕立てるために使った。統計は取り方によって結果が異なるが、思惑にあったデータを使う。もっともらしさに納得させられる。政府に対する責任は追及されない。

アフガニスタンについても、同様のことが言える。新国家樹立から20年。曲がりなりにも民主主義が根付き、現地の治安は政府の警察機能によって保たれるから、米軍が撤退しても大丈夫という決めつけ。専制主義に対して自由・民主主義を守るのは力でしかないことは、歴史的にもまた昨今の東シナ海情勢を見ても明らかだが、その想像力が働かない。

 

そしていずれのケースにおいても、その政策を身体を張って現場で実施する人々が振り回される。医療崩壊により自分が倒れたときのケアが約束されていない現状、あるいは、どこでテロ攻撃に晒され命を落とすかもしれない現状。

その状況に晒されているのは、ワクチン接種を希望して集まった人も、国外に脱出しようと空港に集まった人々同じだ。彼らこそ、最優先で、大切にされるべきなのに。

そこに透けて見えるのが、政策決定者たちの思惑、あるいは彼らの都合だ。彼らが選挙によってえらばれる以上、選挙は、どうしたって無視できない。選挙、そしてそのためのわかりやすい実績作り、そんな言葉が浮かんでしまう。それらが決めつけや思い込みとタッグを組んで、人々が命を守ろうとする行為を、命の危機に晒すことになってはいないか。


しかし、決めつけや思い込みによって、意思決定が左右されてしまうのは、政治的な決定に限った話ではない。

•「すなわち真理とは、それが錯覚であること忘却されてしまった錯覚……なのである」(ニーチェ『道徳以外の意味における真理と虚偽について』)。
•つまりオリエンタリズムは、「錯覚の真理」

ニーチェに従えば、錯覚もまた錯覚であることが忘れられるほど繰り返されれば「真理」になりうる。

家族なら、パートナーなら、父親なら、母親なら、友達ならという種類の決めつけや思い込みはあまた存在する。

自分の考えを正論であると思い込み、他の考えに対して考えなおしたり、譲ったりしないと、判断の誤りどころか大切な関係を失うことにもなりかねない。

たとえば、父親としての理想を夫に求める。夫がその理想を共有し、自分を変えてくれて当然だと思う。父親としての在り方は千差万別であっていいはずだが、自分が理想とする理想の夫の中に、夫を縛り付けて、それへの変化を迫る。これでは、良好な関係が続くことは難しい。

思い込みにしろ決めつけにしろそれらは個人が行なうことだから、その段階では、単なる一個人の意見だが、SNSにそれが拡散され、ある程度の賛同を得たとき、真理的な、あるいは正義的なものへと格上げされていく。それがまた厄介である。思い込みたい自分が前提なので、その拘束力が格段に強くなるからである。

そんな状況の中へ、突然、剥き出しの真実が姿を現す。批判的だと目されていた若者たちの長蛇の列であり、 滑走をはじめようとする大型飛行機にしがみつく、国外脱出希望者の殺到である。

 

一つ確かなことは、万物は流転するということ。 ニーチェが言うように真理が解釈だとするならば、真理は人の数、状況の数だけあることになる。真理とはしたがって、変化であり多様性自体なのだ。

政治にしても、法にしても、またさまざまな制度にしても、その流転についていけていない。自分もまた同様である。

変化に鈍感、ステレオタイプによる決めつけも激しい。思考停止した瞬間から変化からはおいていかれることになる。決めつけで縛り付けたり、括りつけたりしていないかに心を致す。少しずつでもそのあたりの改善を続け、やがてそれを多様性を認め合える世界の構築につなげたい。

ワクチン接種においても、またタリバンにしても、人間は誰であれ、いかなる状況に置かれたとしても、命も人生もある一人の人として最優先に守られなければならない。人間は、コロナの奴隷でも、ワクチンの奴隷でも、タリバンの奴隷でも暴力の奴隷でもないのだから。

2021/08/25

新型コロナウイルスワクチン予防接種は、デルタ株による発症・重症化予防のためと心がけよう

ワクチン接種が予防するのは?

接種しさえすれば、マスクを外せる。そんな風に刷り込まれはしなかったであろうか。

ワクチン接種がいち早く進んだイスラエルで、市民たちがマスクを外して大人数のパーティーに興じる映像は、ワクチン接種の必要性を訴え、ワクチンが福音であるかの印象を焼き付けるには十分であったように思う。

だが、イスラエルでは「政府が感染対策の制限措置を撤廃した5日後に当たる6月6日から7月初めまででは、有効性は64%に低下した。有症状を防ぐ効果も同様の低下が見られたという」。(https://shikiho.jp/news/0/438944)

たしかに「入院や重症化の防止では高い効果が保たれていた」ということなのではあるが、デルタ株に対して「うつさない/うつらない効果」は期待できないということが判明していたのである。

 米国CDCも国民にマスク着用を呼び掛けるに至っている。(https://www.cdc.gov/media/releases/2021/s0730-mmwr-covid-19.html )

その発表によると、

他の亜種とは異なり、デルタに感染したワクチン接種を受けた人々がウイルスを感染させる可能性があるという懸念が高まっています。

ワクチン接種を受けた一般市民が、彼らの大切な、ワクチン接種を受けていない人、または免疫不全の人を含む他の人に無意識のうちにウイルスを感染させないように、マスク着用の推奨が更新されました。

つまり、デルタ株が席巻する状況でのワクチン接種には、感染予防効果は期待できないと考えておくべきなのである。

 

米国CDCを先取りした厚労省

そこで、ワクチン接種のクーポン券に同送されてきた「新型コロナワクチンの予防接種についての説明書」(ファイザー社製用(2021年6月改定))の中の、効果に関する記述ををあらためて見ておこう。

厚生労働省の説明は、実に慎重である。

「新型コロナウイルス感染症の発症を予防します」とだけしている。

補足的な説明として、「本ワクチンの接種を受けた人は、受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということが分かっています(発症予防効果は約95%と報告されています)」と付け加えている。

感染予防効果については、

「現時点では感染予防効果は十分に明らかにはなっていません」と立場を留保している。

 したがって、

「ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります」と奇しくも米国CDCのマスク着用を先取りした格好だ。

 

 「愚問」

となると、ワクチン接種によって、「感染以上、発症未満」というカテゴリーの人々が量産されているのではないか。このカテゴリーの人々が、不要不急ではないという独自基準で市中に繰り出し人流を形成すれば、何が起こるか。それこそ愚問であろう。

つまり、未接種の人々がデルタ株の餌食になるのは目に見えているとは言えないか。

 したがって、それにもかかわらず、パラリンピックで、学校連携観戦を進めるのはなぜなのか、理解に苦しむ。子供たちも、選手たちも圧倒的な感染の危機に晒すことになる可能性が排除できないのにそれをやる合理的な理由が分からない。

入院の必要があっても、自宅療養を余儀なくされている人があふれかえるという医療の機能停止の中、これ以上、不要不急の理由で感染者を増やす余裕はないのではないか。それこそ愚問だ。夏休みを延長し、修学旅行などの学校行事も延期あるいは中止に追い込まれている中で、学校連携観戦の特別扱いは道理を欠く。子供同士の、あるいは子供からの感染の可能性が排除できないのであるから、ここは政策による無観客の徹底が求められる。

 

 「感染以上発症未満」

さて、私自身は、一昨日に市内の個人病院で2回目に出かけた。その際、「感染以上発症未満」について先生に尋ねてみた。現場には、その危険性に対する認識はあった。ただ、科学的な根拠が十分でないためマスコミでは取り上げられないのだろうと。

この接種が、アルファ株前提のワクチン接種であり、デルタ株に置き換わる事態は、ワクチン接種開始時には想定されていなかったとも話してくれた。40%の人が接種すれば集団免疫が形成されるという話(総理も発言していた)は、デルタ株の前に反故になってしまっている。

その2回目の接種から本日で3日目である。昨日は、いわゆる副反応に見舞われて、接種後26時間目あたりから37.7度の発熱が3時間ほど続き、夜10時の時点でも37.3度の微熱状態だった。倦怠感と頭痛にも悩まされ、仕事ができる状態ではなかった。

3日目の今朝、もう熱は下がり、接種箇所を抑えれば痛みはあるものの、昨日は上がらなかった腕も今日は普通に戻っている。

とはいえ、1回目の接種後は、発熱さえなかったものの、長期にわたって倦怠感に付きまとわれた(接種が原因なのかも不明)ので、油断はできないが、ひとまず、2回目接種の副反応はクリアしたのかと思う。

説明書は次のように言う。「本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは2回目の接種を受けてから7日ほどたって以降とされています。」

免疫が働くようになるまで、あと4日ということであろうか。これで「感染以上発症未満」の予備軍になってしまった。

 

デルタクレンジング?

ワクチン接種後について、「ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要がある」と説明書は言う。

このワクチンは、デルタ株に対して、感染を予防しない。集団免疫も作らない。発症と重症化を防ぐだけである。つまり感染予防とはリンクしていない。むしろ、拡大の方にリンクしている。

それにもかかわらず、ワクチンさえ打てば、マスクを外して、コロナ以前の生活様式に戻ることができるというイメージは根強く、菅総理も「ワクチン接種こそが正に決め手であり、総力を挙げて接種を進めていく、その必要があるというふうに考えております」としている。(https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2021/0730kaiken.html)

ワクチン接種と人流の遮断がせめてセットにならないと、ワクチンの医学的な効果も社会的な効果も期待できない。ワクチン接種のみへの依存は、感染爆発と医療崩壊を引き起こし、その連鎖が、国民全体を生命の危機に晒す。となれば、ワクチン接種の徹底がまさに決め手」と考え、それを指示した首相と政府による「人災」でさえあると言わざるを得ない。

デルタ株の蔓延で喜ぶのは誰なのだろうか。ウイルス自身か、もしもそれを作り出した何かが存在するならその存在か。

国家は、ワクチンの購入から接種、そしてそのフォローまで関係の支出を渋ることはできない。ワクチンを供給する側にすれば、全世界を対象にした治験を行ないながら、完全な売り手市場を拡げたことになる。

医療保険は、将来の危機に備えるためのもので、国民皆保険制度を持つ日本への参入には規制緩和が必須だが、コロナワクチンは、目の前の生命の危機を回避するためのものと考えられば、政治的判断で無条件に支払われる。

発症防止のワクチンの接種の徹底は、結局、「デルタクレンジング」(コロナウイルスがデルタ株だけに浄化され、感染が蔓延すること)に結びつくものであり、デルタにクレンジングされることが、クレンジングに対応できる人々とできない人々との間に新たな格差と分断を生むことになることに気づけと、すでに2回の接種を済ませた私が言っても説得力はないが、ワクチン信仰とさえ言える様々な言動には、距離を置いておきたい。


2021/02/28

رجاء رجل أحمق من ملك سليمان (عليه السلام)

 

 

 

يا ملك سليمان، ابن داؤود (عليهما السلام)، من فضلكم. 

لا تقولوا فقط:

 

 

   "لو دققت  الأحمق بمدق في هاون مع السميذ، 

فلن تبرح عنه حماقته"

 

 

(سفر الأمثال27:22)

 




 لأنها كلمة لعنة على الأحمق.

 

 

وهي تنكر الحمقى بمحاولة تغيير أنفسهم حتى خروجهم من حماقتهم،

وتضع قلوب ونظرات للناس من حولهم في سجن استحالة بذلك.



 

بالمناسبة، قلتم:

 

  "لا تتباه بالغد"
 

 

  كان السبب "لأنك لا تدري ماذا يلد اليومُ"

 

 

(سفر الأمثال27:1)

 


 

 

بالطبع، حتى لو قال الأحمق سيحب المعرفة وسيقدر الحكمة والدروس،

 

 فإنه لا يعرف ما يحدث الغد.

 

 

في نفس الوقت،

 

لا تعرف ما إذا كان الأحمق سيبقى كما أمس في الغد.


 

 

  لو سمحت،

 

فلا تلعن أحمق حتى تحبسه في قفص الحماقة.




بل قولوا رجاءا:

 

   "ياأيها الحمقى، تعلّموا الفطنة"

 

 

(سفر الأمثال8:5)

 


 

لقد مضى وقت طويل منذ وفاة آخر أنبياء.

 

فلأن في عالم البشر الآن،

 

 لا يوجد أحمق كامل، ولا حكيم كامل، ولا ملك كامل.

 

 

الله أعلم

スライマーン様へ愚者からのお願い:愚かさの檻

 

 

 

 

スライマーン様(彼の上に平安あれ)、お願いです。

 

 

「愚かな者をうすに入れ、

きねをもって、麦と共にこれをついても、

その愚かさは去ることがない」*

 

なんて言わないでください。

 

 

それは、

「愚かな者」に対する呪いの言葉だからです。

 

 

「愚かな者」が自らを変えようとすることを否定し、

そして周りの人々の見る目と心を決めてしまいます。

 

 

 

ところで

「明日のことを誇ってはならない」**

のですよね。

 

 

「一日のうちに何が起こるかを知ることができないから」**という理由でしたよね。

 

 

 

 

たしかに、愚かな者が、知識を愛し、知恵と教訓を大切にすると言っても、明日のことはわかりません。

 

と同時に、

 

愚かな者が明日も愚かな者で居続けるかどうかもわからないのではないですか?

 

 

 

お願いです。

愚かな者を呪って愚かさの檻に閉じ込めないでください。

 

 

 

「愚かな者よ、知恵を得よ」***

 

とだけ言ってください。

 

 

 

 

最後の預言者が亡くなってしまって久しい

人間たちの世界には、

 

 

完全な愚か者も、完全なさとき者も、完全な知恵者もいないのですから。 


 

 

 

 

*  『旧約聖書』「箴言」27:22

** 『旧約聖書』「箴言」27:1

*** 『旧約聖書』「箴言」8:5

2021/02/22

視界は澄み切っているか?:「空気」を超えていけ!

 

『旧約聖書』「伝道の書」は言う。「空の空、すべては空」と。

何をやっても空しいのだ。


地上の多くの知恵と知識を得て、心を尽くして知恵を知り、

狂気と愚痴を知ろうとした。

しかしそれも風を捕えるようなものと悟ったとも言う。

 

「空気」に振り回され、「空気が読めない」と批判を繰り返す社会があるけれど、

その「空気」を作り出すのは人間たちだ。  

 

互いに妬みあい、憎しみあうドロドロした気持ちが、「空気」を生み出し、勢いづける。

 

それにSNSが絡まると「空気」は巨大な雲に発達し、停滞し、とめどない石礫さえ降る。

 

★★

 

かつて、大学の講義で空気を読まずに聖典を読めと言ったことがあった。

「空気」から自由なのが聖典であるし、

澄み渡った「空」に直接つながっているのが聖典のつもりだった。

シンプルにそういうものだと信じていた。

 

たしかにそれは、「空気」が吹き込まれている人の言葉ではない。

 

しかし、読むのは「空気」の空しさが分からない人間だった。

「ワイルン」を願望や祈りだと読むのは人間の側だ。

 

だから、「空気」に流されることのなく世界の変化と創造を見据え、

「聖典」を手掛かりにそして、その檻の中にとらわれることなく、森羅万象を読む。

 

つまり、読むべき本は2つ。

啓示によって下された創造主の言葉によるアーヤ(徴し)と、

この瞬間も創造主の存在を示してくれる、五感に感じることのできるアーヤ。

 

ただ、心にとめておいてほしい。青空からは雨が降らないことを。

雨が降らなければ、命は生まれないし、保たれない。

雲や風に一喜一憂するのに理由もあるのだ。

だからなおさら、その向こう側の存在を忘れない。

 

それを宗教者は「聖なるもの」と言い、

それを恐れることが「知恵」のもとであり、それを知ることが「悟り」であると。

 

★★★

 

また「伝道の書」は言う。「人の語るすべての事を心にとめてはならない」と(7:21)。

 

それは、「他人からの呪いを聞かないため」。

 

自分の胸に手を当ててみれば、心が、「しばしば他人をのろった」のを知っている。

自分以外の人がそうでない保証はどこにもない。

 

だから、他人の言葉をすべて心にとめれば、その呪いが刺し込まれることになる。

 

しかもそれは空気の産物であるだけにたちが悪い。

空気はとめどなく膨張する。心は間違いなく破裂する。

 

結局、誰かを呪えば、それが、自分に返ってくるのだ。

 

こう考えていくと、人の言葉のいちいちを心にとめれば、

自分の呪いに呪われることが分かる。

 

何かと空気にざわつき、振り回されがちな心への戒めがそこにはある。

 

★★★★

 

とはいえ、「空しさ」は止まらない。

どんなによく生きたとしても、どんなにひどく生きたとしても、

死んでしまえば同じだからだ。

 

この事態をいかに乗り切るのか。

 

イスラームは、最後の審判を明確に置くことによって、これを乗り越えようとした。

 

ムハンマドの言行によれば、

中傷も、罵りも、妬みも何も、恨みのもとになりそうなものは端から禁止されている。

 

それでも、それらから離れられないのが人間である。

 

そのことも熟知の上で、あるいはムハンマド自身がそれを認めた上で、

誤りや過不足は、すべて最後の審判に預ける。

 

呪うことを止めることができないなら、どこかでそれをフォローする必要が出てくる。

最後の審判に、その役割が委ねられた格好だ。

 

だから、それを嘘だということは許されない。

最後の砦の破壊だからだ。

 

自分が報復しなくても、アッラーが必ず報復してくれる。

中傷者は、地獄に落とされるのだから、自分がそのことに気をもむ必要はない。

 

それにもかかわらず、怒りも争いも一向に収まらない。

「あざける者を責めるな、おそらく彼はあなたを憎むであろう」(箴言9:8)

 

あざける者を責めても、彼からは憎しみしか出てこない。

そして、「憎しみは、争いを起す」(箴言10:12)

 

「ワイルン」(聖典クルアーン「中傷者章」ほか)が

憎しみの、そして争いの火種になっていなければよいのだが。。

 

★★★★★

 

詩人がやってきた。天国も地獄もない世界を想像してみてって言う。

あるのは、みんなの上の同じ空だけ。みんなが「今」を生きている。

 

国家も宗教もない世界を想像してみろとも言う。

そのために死ぬことも戦うことも殺しあうこともない。みんなが平和に暮らしている。

 

詩人は続けた。

夢みたいなことだと思うかもしれないけど、おれ一人の考えじゃないんだ。

君もいつか仲間に加わってよ。そうすれば世界は一つになる。

 

そこには、おれのものって考えもないんだって。

だから、欲張りもいないし、飢える人もいない。

 

しかも、みんなが同じ言葉でわかりあっている。

 

夢みたいなことだと思うかもしれないけど、おれ一人の考えじゃないんだ。

 

君もいつか仲間に加わってよ。そうすれば世界は一つになるって、詩人は繰り返した。

 

★★★★★★

 

天国、地獄という檻、国家や宗教という檻の中で、

ひたすらに自分の持ち金を数えて、自分だけは永遠に生き続けられるなんて、妄想だ。

 

「利息と高利によってその富を増す者は、

貧しい者を恵む者のために、それを蓄える」(箴言 28:8)だけでなく、

たくさん稼いで実際に困っている人たちに恵んで、みんなで分かち合う。

 

「中傷者章」が想定していない事態。

 

あの世にまでもっていくわけではない。あの世の分をこの世で回す。

 

こちらの方がよほど長持ちする。

究極の外部(幽玄界)を得て人も富も生かされるというものだ。

 

欲を捨て、執着を捨てて、自分に与えられた自分の分を生きられることを楽しみとする。

詩人は、コヘレトからも菩提樹の悟りの主からもヒントを得たようだ。

 

★★★★★★★

 

経済学者[i]がやって来た。マルクスを読み直せと。

人間たちの活動の痕跡が地球の表面上を覆いつくした時代

「人新生(ひとしんせい:anthropocene)」

 

生産手段だけでなく地球を「コモンズ」として労働者が管理せよと。

 

宗教がかつてのアヘンならSDGsが「人新生」のアヘン

地球と人々の暮らしを「脱成長のコミュニズム」で救おうと。

 

詩人と経済学者の間に、『旧約聖書』が見え隠れする。

 

タルムード(モーセ5書をベースにしたユダヤ人の生活規範)を超え、

シャリーア(クルアーンをベースにしたムスリムの社会規範)も超え、

その先の展開を考えよう。

 

物質主義は、地球が壊れるというけれど、人間が壊れ始めている。

 

優れていると自任する一握りが支配する形ではなく、

一人ひとりがこの地上で自分の人生を生きていける道を探そう。

 

★★★★★★★★

 

 

いずれにしても、人の言うことをいちいち気にする必要はない。

空気に押しつぶされそうになったのなら、せめて空の青さを見つけよう。

マインドフルネスの手法の一つでもある。

その青さは、創造主のキャンバスの色。

きっと自分の色がよく映える。



[i] 斎藤幸平『人新生の「資本論」』集英社新書1035A2020922日。

注目の投稿

里親という希望の光

■ ストレスに傷つけられていませんか?  周囲から些細なストレスに対して、次のような反応に出会ったり、感じたりしたことはないだろうか。 「ストレスを自分に対する攻撃と受け止め、すぐさま反撃行動に出てしまう」 「暴力的な行動で他人に対して怒りを爆発させる」 「自分自身を傷つける行動...

人気の投稿