2021/08/18

「タリバーン」の件。朝日新聞から回答:18日から「タリバン」に変更

 朝日新聞東京本社お客様オフィスより回答があった。

「他の多くの主要メディアが「タリバン」を使っている現状を考慮し、17日に「タリバン」の表記に変更することに決め」、「本日18日付の紙面から反映されています」とのこと。

 

 本日朝刊1面に「おことわり」も掲載されていた。

 

 理由については、「これまで外務省の表記に合わせて「タリバーン」を用いて」きたとのこと。

外務省がなぜその名称を用いているのかは不明だが、確かにそのように使われている。理由が気になるが、伝えられている現地の状況を考えれば、それを問い合わせるのは今ではない。


 

 

タリバンの国家運営が、

1.人権:人間がただ人間であるという理由だけで尊重され、実際に守られる人権

2.多様性:部族・種族の相互理解と協力

3.個の変化:一人ひとりの変化から国全体を変えていくこと

4.自分自身に対するジハード:テロリズムからの決別

(いずれも、聖典クルアーンに根拠を求めることができる)

に基づくものになることを願う。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

里親という希望の光

■ ストレスに傷つけられていませんか?  周囲から些細なストレスに対して、次のような反応に出会ったり、感じたりしたことはないだろうか。 「ストレスを自分に対する攻撃と受け止め、すぐさま反撃行動に出てしまう」 「暴力的な行動で他人に対して怒りを爆発させる」 「自分自身を傷つける行動...

人気の投稿