2021/08/29

思い込みと決めつけが人の命を窮地に追い込む

「東京都若者向け接種会場(渋谷)に希望者が殺到。長蛇の列。結局抽選に」

「カブール空港に出国希望者が殺到。死者まで」

ここ数日、衆目を集める、この二つの事象だが、命を守るための行動が命取りになりかねないという点で共通している。コロナウイルス感染に対する恐怖、タリバンの暴力の標的にされることに対する恐怖。自分だけではない。家族もまた同様に危機にさらされる。

カブールでは悪夢が現実のものになってしまった。「ISIS-K自爆テロで200人を殺傷」。即座に米国は無人機による報復攻撃を行なった。

 

東京とカブール。両者に共通するのが、これらが政治的な判断のミスによって引き起こされたと言いうる点だ。見通しが甘すぎる。

市町村が行なう接種の予約が非常にとりにくい現状がある中、渋谷で、若者(16歳から39歳)を対象に行う予約なし接種である。なぜ、200回や300回の想定で接種を開始しようとしたのか。

そこには、若者は接種に否定的という決めつけがあったように思う。これまで、第5波の感染拡大の要因の一つとして、酒類の販売・流通業者とともに、非難の矛先を向けられてきた若者たちである。否定的な論調は、ネット上で言われていたことを地上波が増幅し、それを政府が犯人を仕立てるために使った。統計は取り方によって結果が異なるが、思惑にあったデータを使う。もっともらしさに納得させられる。政府に対する責任は追及されない。

アフガニスタンについても、同様のことが言える。新国家樹立から20年。曲がりなりにも民主主義が根付き、現地の治安は政府の警察機能によって保たれるから、米軍が撤退しても大丈夫という決めつけ。専制主義に対して自由・民主主義を守るのは力でしかないことは、歴史的にもまた昨今の東シナ海情勢を見ても明らかだが、その想像力が働かない。

 

そしていずれのケースにおいても、その政策を身体を張って現場で実施する人々が振り回される。医療崩壊により自分が倒れたときのケアが約束されていない現状、あるいは、どこでテロ攻撃に晒され命を落とすかもしれない現状。

その状況に晒されているのは、ワクチン接種を希望して集まった人も、国外に脱出しようと空港に集まった人々同じだ。彼らこそ、最優先で、大切にされるべきなのに。

そこに透けて見えるのが、政策決定者たちの思惑、あるいは彼らの都合だ。彼らが選挙によってえらばれる以上、選挙は、どうしたって無視できない。選挙、そしてそのためのわかりやすい実績作り、そんな言葉が浮かんでしまう。それらが決めつけや思い込みとタッグを組んで、人々が命を守ろうとする行為を、命の危機に晒すことになってはいないか。


しかし、決めつけや思い込みによって、意思決定が左右されてしまうのは、政治的な決定に限った話ではない。

•「すなわち真理とは、それが錯覚であること忘却されてしまった錯覚……なのである」(ニーチェ『道徳以外の意味における真理と虚偽について』)。
•つまりオリエンタリズムは、「錯覚の真理」

ニーチェに従えば、錯覚もまた錯覚であることが忘れられるほど繰り返されれば「真理」になりうる。

家族なら、パートナーなら、父親なら、母親なら、友達ならという種類の決めつけや思い込みはあまた存在する。

自分の考えを正論であると思い込み、他の考えに対して考えなおしたり、譲ったりしないと、判断の誤りどころか大切な関係を失うことにもなりかねない。

たとえば、父親としての理想を夫に求める。夫がその理想を共有し、自分を変えてくれて当然だと思う。父親としての在り方は千差万別であっていいはずだが、自分が理想とする理想の夫の中に、夫を縛り付けて、それへの変化を迫る。これでは、良好な関係が続くことは難しい。

思い込みにしろ決めつけにしろそれらは個人が行なうことだから、その段階では、単なる一個人の意見だが、SNSにそれが拡散され、ある程度の賛同を得たとき、真理的な、あるいは正義的なものへと格上げされていく。それがまた厄介である。思い込みたい自分が前提なので、その拘束力が格段に強くなるからである。

そんな状況の中へ、突然、剥き出しの真実が姿を現す。批判的だと目されていた若者たちの長蛇の列であり、 滑走をはじめようとする大型飛行機にしがみつく、国外脱出希望者の殺到である。

 

一つ確かなことは、万物は流転するということ。 ニーチェが言うように真理が解釈だとするならば、真理は人の数、状況の数だけあることになる。真理とはしたがって、変化であり多様性自体なのだ。

政治にしても、法にしても、またさまざまな制度にしても、その流転についていけていない。自分もまた同様である。

変化に鈍感、ステレオタイプによる決めつけも激しい。思考停止した瞬間から変化からはおいていかれることになる。決めつけで縛り付けたり、括りつけたりしていないかに心を致す。少しずつでもそのあたりの改善を続け、やがてそれを多様性を認め合える世界の構築につなげたい。

ワクチン接種においても、またタリバンにしても、人間は誰であれ、いかなる状況に置かれたとしても、命も人生もある一人の人として最優先に守られなければならない。人間は、コロナの奴隷でも、ワクチンの奴隷でも、タリバンの奴隷でも暴力の奴隷でもないのだから。

2021/08/25

新型コロナウイルスワクチン予防接種は、デルタ株による発症・重症化予防のためと心がけよう

ワクチン接種が予防するのは?

接種しさえすれば、マスクを外せる。そんな風に刷り込まれはしなかったであろうか。

ワクチン接種がいち早く進んだイスラエルで、市民たちがマスクを外して大人数のパーティーに興じる映像は、ワクチン接種の必要性を訴え、ワクチンが福音であるかの印象を焼き付けるには十分であったように思う。

だが、イスラエルでは「政府が感染対策の制限措置を撤廃した5日後に当たる6月6日から7月初めまででは、有効性は64%に低下した。有症状を防ぐ効果も同様の低下が見られたという」。(https://shikiho.jp/news/0/438944)

たしかに「入院や重症化の防止では高い効果が保たれていた」ということなのではあるが、デルタ株に対して「うつさない/うつらない効果」は期待できないということが判明していたのである。

 米国CDCも国民にマスク着用を呼び掛けるに至っている。(https://www.cdc.gov/media/releases/2021/s0730-mmwr-covid-19.html )

その発表によると、

他の亜種とは異なり、デルタに感染したワクチン接種を受けた人々がウイルスを感染させる可能性があるという懸念が高まっています。

ワクチン接種を受けた一般市民が、彼らの大切な、ワクチン接種を受けていない人、または免疫不全の人を含む他の人に無意識のうちにウイルスを感染させないように、マスク着用の推奨が更新されました。

つまり、デルタ株が席巻する状況でのワクチン接種には、感染予防効果は期待できないと考えておくべきなのである。

 

米国CDCを先取りした厚労省

そこで、ワクチン接種のクーポン券に同送されてきた「新型コロナワクチンの予防接種についての説明書」(ファイザー社製用(2021年6月改定))の中の、効果に関する記述ををあらためて見ておこう。

厚生労働省の説明は、実に慎重である。

「新型コロナウイルス感染症の発症を予防します」とだけしている。

補足的な説明として、「本ワクチンの接種を受けた人は、受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということが分かっています(発症予防効果は約95%と報告されています)」と付け加えている。

感染予防効果については、

「現時点では感染予防効果は十分に明らかにはなっていません」と立場を留保している。

 したがって、

「ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要があります」と奇しくも米国CDCのマスク着用を先取りした格好だ。

 

 「愚問」

となると、ワクチン接種によって、「感染以上、発症未満」というカテゴリーの人々が量産されているのではないか。このカテゴリーの人々が、不要不急ではないという独自基準で市中に繰り出し人流を形成すれば、何が起こるか。それこそ愚問であろう。

つまり、未接種の人々がデルタ株の餌食になるのは目に見えているとは言えないか。

 したがって、それにもかかわらず、パラリンピックで、学校連携観戦を進めるのはなぜなのか、理解に苦しむ。子供たちも、選手たちも圧倒的な感染の危機に晒すことになる可能性が排除できないのにそれをやる合理的な理由が分からない。

入院の必要があっても、自宅療養を余儀なくされている人があふれかえるという医療の機能停止の中、これ以上、不要不急の理由で感染者を増やす余裕はないのではないか。それこそ愚問だ。夏休みを延長し、修学旅行などの学校行事も延期あるいは中止に追い込まれている中で、学校連携観戦の特別扱いは道理を欠く。子供同士の、あるいは子供からの感染の可能性が排除できないのであるから、ここは政策による無観客の徹底が求められる。

 

 「感染以上発症未満」

さて、私自身は、一昨日に市内の個人病院で2回目に出かけた。その際、「感染以上発症未満」について先生に尋ねてみた。現場には、その危険性に対する認識はあった。ただ、科学的な根拠が十分でないためマスコミでは取り上げられないのだろうと。

この接種が、アルファ株前提のワクチン接種であり、デルタ株に置き換わる事態は、ワクチン接種開始時には想定されていなかったとも話してくれた。40%の人が接種すれば集団免疫が形成されるという話(総理も発言していた)は、デルタ株の前に反故になってしまっている。

その2回目の接種から本日で3日目である。昨日は、いわゆる副反応に見舞われて、接種後26時間目あたりから37.7度の発熱が3時間ほど続き、夜10時の時点でも37.3度の微熱状態だった。倦怠感と頭痛にも悩まされ、仕事ができる状態ではなかった。

3日目の今朝、もう熱は下がり、接種箇所を抑えれば痛みはあるものの、昨日は上がらなかった腕も今日は普通に戻っている。

とはいえ、1回目の接種後は、発熱さえなかったものの、長期にわたって倦怠感に付きまとわれた(接種が原因なのかも不明)ので、油断はできないが、ひとまず、2回目接種の副反応はクリアしたのかと思う。

説明書は次のように言う。「本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは2回目の接種を受けてから7日ほどたって以降とされています。」

免疫が働くようになるまで、あと4日ということであろうか。これで「感染以上発症未満」の予備軍になってしまった。

 

デルタクレンジング?

ワクチン接種後について、「ワクチン接種にかかわらず、適切な感染防止策を行う必要がある」と説明書は言う。

このワクチンは、デルタ株に対して、感染を予防しない。集団免疫も作らない。発症と重症化を防ぐだけである。つまり感染予防とはリンクしていない。むしろ、拡大の方にリンクしている。

それにもかかわらず、ワクチンさえ打てば、マスクを外して、コロナ以前の生活様式に戻ることができるというイメージは根強く、菅総理も「ワクチン接種こそが正に決め手であり、総力を挙げて接種を進めていく、その必要があるというふうに考えております」としている。(https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2021/0730kaiken.html)

ワクチン接種と人流の遮断がせめてセットにならないと、ワクチンの医学的な効果も社会的な効果も期待できない。ワクチン接種のみへの依存は、感染爆発と医療崩壊を引き起こし、その連鎖が、国民全体を生命の危機に晒す。となれば、ワクチン接種の徹底がまさに決め手」と考え、それを指示した首相と政府による「人災」でさえあると言わざるを得ない。

デルタ株の蔓延で喜ぶのは誰なのだろうか。ウイルス自身か、もしもそれを作り出した何かが存在するならその存在か。

国家は、ワクチンの購入から接種、そしてそのフォローまで関係の支出を渋ることはできない。ワクチンを供給する側にすれば、全世界を対象にした治験を行ないながら、完全な売り手市場を拡げたことになる。

医療保険は、将来の危機に備えるためのもので、国民皆保険制度を持つ日本への参入には規制緩和が必須だが、コロナワクチンは、目の前の生命の危機を回避するためのものと考えられば、政治的判断で無条件に支払われる。

発症防止のワクチンの接種の徹底は、結局、「デルタクレンジング」(コロナウイルスがデルタ株だけに浄化され、感染が蔓延すること)に結びつくものであり、デルタにクレンジングされることが、クレンジングに対応できる人々とできない人々との間に新たな格差と分断を生むことになることに気づけと、すでに2回の接種を済ませた私が言っても説得力はないが、ワクチン信仰とさえ言える様々な言動には、距離を置いておきたい。


2021/08/19

手間のいらないトマトを楽しんだ夏

「手間のいらないミニトマト」は、本当に手間いらずで、かなりの収穫がありました


自家製トマトとインゲンのポテトサラダ


秋の始まりを感じさせる雲

新たに芽吹いたインゲンと夏空

 

 

 当サイトをお読みいただいている皆様へ

ラマダーン月明けから、更新が滞っておりました。早めの夏休みをたっぷりとってしまった格好です。

猫の額ほどの家庭菜園のトマトの成長と収穫を喜びつつ、コロナ禍で動けない現状の中、更新まで静かになってしまっておりました。

かつてない規模や頻度の洪水や山火事が世界各地を襲う中で、止まらないコロナウイルスの感染拡大。

今、無事に生きていられることへの感謝を新たにしています。

 

シロアリが先か腐敗が先か

金融資本主義化において「私的所有」がかつてない勢いで格差の拡大も引き起こしつつ肥大化していく中、「公」なるものの復権、あるいは、再構成の議論がなされています。

国家予算に近いところにいる一部の人々が「公」を合法的に「私」を、シロアリのごとくにボロボロに食い尽そうとしているように見える状況の中で、「公」の議論は容易ではないかなと思います。

誰にだって、心の中にシロアリが住み着かないとは言えません。甘いものをご褒美に、自分で自分をほめたくなるけれど、糖の一部には激しい依存性があって、糖尿や通風を引き起こす。体質にもよるので、もちろん、一概には言えませんが、一つのサインかもしれません。

コロナ禍で経済的な意味だけでなく、社会的にも、心理的にも、かなりはっきりとした分断化が進んでいる状況を世界共通で抱え込まされている現在、シロアリたちは群れをなして、「公」を国家や、体制や、主義主張、イデオロギーの延長線上で考えようとするかもしれません。

むしろ、トマトの甘みに感動しながら、マヒした味覚を取り戻していく。トマトが天からの奇跡的な賜物であると思えば、その愛おしさに甘さも増す。

「公」については、そのあたりから発想しなおしてみてはどうかなと個人的には考えます。

 

忘れたころの更新になってしまうかもしれませんが、どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

このページの閲覧数が投稿後約1週間「0」を保ち続けているため、行間にあった想いを、書き出して「しるし」から「現代社会」を読む小エッセイに拡張してみました。


2021/08/18

「タリバーン」の件。朝日新聞から回答:18日から「タリバン」に変更

 朝日新聞東京本社お客様オフィスより回答があった。

「他の多くの主要メディアが「タリバン」を使っている現状を考慮し、17日に「タリバン」の表記に変更することに決め」、「本日18日付の紙面から反映されています」とのこと。

 

 本日朝刊1面に「おことわり」も掲載されていた。

 

 理由については、「これまで外務省の表記に合わせて「タリバーン」を用いて」きたとのこと。

外務省がなぜその名称を用いているのかは不明だが、確かにそのように使われている。理由が気になるが、伝えられている現地の状況を考えれば、それを問い合わせるのは今ではない。


 

 

タリバンの国家運営が、

1.人権:人間がただ人間であるという理由だけで尊重され、実際に守られる人権

2.多様性:部族・種族の相互理解と協力

3.個の変化:一人ひとりの変化から国全体を変えていくこと

4.自分自身に対するジハード:テロリズムからの決別

(いずれも、聖典クルアーンに根拠を求めることができる)

に基づくものになることを願う。


「タリバーン」という朝日新聞の呼称に違和感:質問を送ってみた。

 

「タリバーン」という呼称について

 

  イスラーム法とクルアーン、アラビヤ語の研究者です。

 アフガニスタンの政権崩壊の報道で御社は、「タリバーン」の呼称を用いていますが、「タリバン」でも「ターリバーン」でもなく「タリバーン」とされている理由を教えて下さい。

  ちなみに、アラビヤ語では、「ターリバーン」とするのが言語にいちばん近いですし、アラビヤ文字を用いるパシュトー語の表記を見ても「ターリバーン」と読めます。

ご教示のほどよろしくお願いいたします。

  なお、余談ですが、イスラーム法的に言えば、ターリバーンの極端な形で土着化したイスラーム法解釈にイジュティハードにより対案を示せれば、イスラームの民主的な側面を引き出し、権威主義と民主主義ををハイパーに統合するイスラーム的な政体の樹立が可能なはずです。

 

 アメリカの成功体験である戦後の天皇制から日本的民主主義への誘導は、神の性質がまったく異なるため、イラク同様、ここでも不可能です。

 

 また、政教分離と政教の緊張関係が前提になっているキリスト教的な秩序観にはイスラーム法を的確に位置付けることができず、したがって、神は人権を与えるだけでなく、守ることまで行うという発想が出てこないため、どうしても軍事力の継続的行使に頼ることになるのだと思います。

 

 曲がりなりにも、法で動いている人々です。たとえば、ジハードの現代的な意味一つ学んでもらうだけでも、もっと平和的に事態を収拾できるのがイスラーム法であるはずと、研究者の立場からは考えます。

 

 カールシュミットが言うように政治に固有なる区分が「敵、味方」であるなら、そのこと自体を問い直さない限り、この問題は解決しないように思います。

 

 「自分たちの意に沿わない人に対し、惨い仕打ち」(「天声人語」2021年8月17日)を行なってきたのは、つい昨日までの自分たちの姿ではなかいでしょうか。

 

 国際社会に期待しても何も出てこないのが残念ながら現状であり、新たな敵・味方の分断ができるだけ。国際社会に対して「敵・味方」ではなく、まずは自分自身が変わることによって国を変え、互いに協力し合い、豊かな多様性の世界を築いていくことには、多くの賛同が得られるのではないでしょうか。ただ、それを教えているのが、聖典クルアーンであることを、多くのイスラーム教徒が知らないというのも現状です。

  軍事力によってしか守られない民主主義と、軍事力によってしか守られない専制主義という二律背反を超える考え方をターリバーンにも理解してもらえる形で探究したい(と考えています)。

 

( )は、字数制限の関係で割愛

 

回答が届いたら、お知らせいたします。

 

2021/08/17

コロナワクチン接種:副反応より怖ろしいこと


 

 ワクチン接種の効果

コロナワクチンの接種が進む一方で、感染拡大が止まらない。

政府は躍起になって接種の徹底を呼び掛けるが、厚生労働省のHPのQAで公表していることを注意深く読むと、接種の効果は、感染予防ではなく、発症予防であることに気づく。

 

新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果が期待されています。効果の持続期間や、感染を予防する効果についても、時間の経過や接種者数の増加に伴い、研究が進んでいます。

 

ワクチン接種については副反応についての記述ばかりが目立ち、有効性についての説明は、クリックを重ねないと出てこない。これはこれで大きな問題であるが、副反応のデメリットを受け入れるためには、ワクチンの有効性を具体的に知っておく必要がある。

まず「感染症の発症を予防する高い効果」はある。しかし「重症化を予防する効果」は期待レベル。「効果の持続期間」「感染を予防する効果」は、研究中なのである。

つまり、現時点で確実視できるのは、発症予防のみなのである。

 

ワクチン接種は万能か?

ところが、首相の会見でも、それを受けて発信されるメディアの情報でも、ワクチンの効果で保障されているのは、感染予防ではなく、発症予防でしかない点は、筆者の知る限りではあるが、言及されない。

となると、接種者が「これで、うつさないしうつらない」と考えるのも無理はない。効かないブレーキかもしれないなどとはつゆほども思わない。

たとえば、感染拡大が止まらないとされている神奈川県某市の日中のファミリーレストラン。高齢者たちが大人数で集まって、6人掛けテーブルに6人で座って、自分たちのサークル活動について喧々諤々の議論を大声で交わしている。

たとえば、介護関係の従事者。接種を済ませた人たちが拡げているかもしれないという認識を持ちながらも、高齢者の自宅への訪問を続けている。

家庭内感染にしても、あくまでも可能性としての話ではあるけれど、接種を済ませた方からの感染がありえないわけではない。

接種を受けたくて予約さえできないような状況に置かれているにもかかわらず、悪者扱いされてきた20代から40代の人々の感染拡大は、接種を完了し、比較的自由な行動を再開し始めた65歳以上のワクチン接種者が感染拡大源になっている可能性があるということなのだ。

実際に感染者数も爆発している状況は、彼らが、ワクチン接種をしないからではなく、ワクチン接種が万能薬であるかの如くに接種を進めた政府が人為的に引き起こしたものとさえ言いうるのだ。

 

ブレーキだと信じて踏んでもアクセルはアクセルだ

これまで政府のコロナウイルス対応は、アクセルとブレーキの両方を踏むような対策であったけれど、ワクチン接種は、一気にアクセルを踏み込んだような状態だ。感染力の強いデルタ株がウイルスの大半を占めている状況で、ブレーキだと信じて疑わないのだから止めようがない。

打てば、感染しても発症に気づかないために、感染を広め、打たなければ自分はコロナには罹らないと信じてかつての日常を生きている人々からうつされる。

コロナは重症化すると肺を機能不全に追い込むという点で、命の危機に直結する病である。

ワクチン接種を万能薬であるかのように徹底しようとする政府の方針、そして、ワクチン接種さえ済ませれば、うつらないしうつさないと安心する姿勢は、科学的なエビデンスを伴わない。

政府は、おそらくアクセルとブレーキだと言い張り、人の命が失われ、致命的な危機に晒してもなお、あれはブレーキだと自らの誤りを認めることはないであろう。

 

コロナウイルスを嗤わせないために

あくまでも、上記の厚生労働省の公式見解に基づく、現時点での見方ではあるけれど、接種にアクセルの側面があるという懸念は払しょくできない。

ワクチンを打ったにせよ、打たないにせよ、政府が躍起になるワクチン接種には、人為的に感染が蔓延する仕組みを醸成する惧れがあることを、肝に銘じておきたい。

簡便な治療薬、日常的な検査体制、水際対策、そしてワクチン接種。まさに「総合的」「包括的」な対応が求められるところではあるが、ことさらブレーキがアクセルに変わっている状況にウイルスは大喜びかもしれない。

何が不要で何が不急なのかは自分で決めてよいというのが政府の行動が示すところであるし、すでに被災地の避難所が押し流されているような甚大な災害状態である。打っていないのならばより徹底した感染対策を、打ったのであれば、クラスターの起点になりうる危険性の認識のもとに徹底した行動自粛を。そして政府は、ワクチン接種が諸刃の剣であることを十分認識したうえで、十分な補償による徹底した人流抑制策を。

自分の身は自分で守るしかないのだが、暮らしはそうはいかないのだから。


注目の投稿

里親という希望の光

■ ストレスに傷つけられていませんか?  周囲から些細なストレスに対して、次のような反応に出会ったり、感じたりしたことはないだろうか。 「ストレスを自分に対する攻撃と受け止め、すぐさま反撃行動に出てしまう」 「暴力的な行動で他人に対して怒りを爆発させる」 「自分自身を傷つける行動...

人気の投稿