12/01/2021

本格インド料理 サヒ・カナの幻の鴨カレー

 「通い始めて10カ月近く。まるで現地の日常がそこにあるかのような本格インド料理店。マトン・ビーフ・チキン・シーフード・サグ、、お肉料理も含め、何を食べてもおいしい。

 バングラディシュ出身の店主とインド出身のシェフの2人体制。味はもちろん、サービスにも、応対にも気遣いが感じられるところがうれしい。店内スペースに余裕があるので3密にもなりにくい。そのうえ、価格までもが良心的!

 古い友達の家を訪ねてくるかのような常連客が多いのも店のクオリティの証明か。
コロナ禍の今年、からだだけでなく心にも栄養をもらった気がする。相模原に元気ももらえるこんなお店があって本当に有り難い。」

 ということを食べログに書いてみたのだけれど、よろしかったらご覧ください。

 ところで一昨日、ハラールの鴨肉が入手できたということで、試作品のダックカレーのご相伴にあずかった。

 柔らかくてしかもコクのあるお肉が、カレーの中で旨味を出して私を待っていてくれた。

 鴨と言えば、鴨南蛮か北京ダックが定番だけれど、サヒ・カナの鴨カレーは、鴨肉独特のこってり感(チキンよりマトンに近い感じ)とカレーとの絶妙の相性を教えてくれた。骨付きの鴨肉が堪能できたという点でも新しい味だった。

 ごちそうさまでした。

 なお、鴨肉が入荷できた際には、限定メニューで食べることができるとのこと。

 サヒ・カナの楽しみがまた一つ増えた。

 

★緊急事態宣言に伴い、夜の営業時間は 20時(ラストオーダー:19時)までになってますいるのでお出かけの際にはご注意を。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

新しい生活様式の手荒れにサヨナラ:アレッポ石鹸

■新しい生活様式は手が荒れる  新しい生活様式の実践が始まって起床後と帰宅後に入念に手を洗うようになり、かつ、水仕事もするようになったある日、買い物の際スーパーの入り口のアルコール殺菌に手が沁みることに気づく。  手が荒れて、軽くあかぎれのようになっていた。手荒れの原因は、どうや...

人気の投稿