10/05/2020

翼を広げて、飛べ!

翼は何のためにある?親鳥が雛を守り育むためにだけあるのか?雛はまだ知らない。それが飛ぶためにあるということを。

距離が近すぎると、翼をたたむことは覚えても、広げることをしなくなる。いや、翼があることにすら気づかない。飛ばなくてもエサが口に入ってくるからだ。

けれど、飛ばなければわからない。天がどこまでも広いことも、大地もまた広くて可能性に満ちていることも。

家の中でさえ、距離をとれといわれるこの時代。実は翼の存在を思い出し、飛ぶための準備の期間かもしれない。

空を飛んでみれば、守るべきものは何なのかもわかるはずだ。君の翼は、君が飛ぶために授けられている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

新しい生活様式の手荒れにサヨナラ:アレッポ石鹸

■新しい生活様式は手が荒れる  新しい生活様式の実践が始まって起床後と帰宅後に入念に手を洗うようになり、かつ、水仕事もするようになったある日、買い物の際スーパーの入り口のアルコール殺菌に手が沁みることに気づく。  手が荒れて、軽くあかぎれのようになっていた。手荒れの原因は、どうや...

人気の投稿