2020年5月10日日曜日

翼を広げて、飛べ!

翼は何のためにある?親鳥が雛を守り育むためにだけあるのか?雛はまだ知らない。それが飛ぶためにあるということを。

距離が近すぎると、翼をたたむことは覚えても、広げることをしなくなる。いや、翼があることにすら気づかない。飛ばなくてもエサが口に入ってくるからだ。

けれど、飛ばなければわからない。天がどこまでも広いことも、大地もまた広くて可能性に満ちていることも。

家の中でさえ、距離をとれといわれるこの時代。実は翼の存在を思い出し、飛ぶための準備の期間かもしれない。

空を飛んでみれば、守るべきものは何なのかもわかるはずだ。君の翼は、君が飛ぶために授けられている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

(dichotomy) انتبه إلى الانقسام

قالت الأخبار التيليفازية إن التعبير الإنجليزي لإعلان المطار لشركة الخطوط الجوية اليابانية قد تغير اليوم. اختفت عبارة السيدات والسادة. وقالت ...