2020年10月3日土曜日

(dichotomy) انتبه إلى الانقسام

قالت الأخبار التيليفازية إن التعبير الإنجليزي لإعلان المطار لشركة الخطوط الجوية اليابانية قد تغير اليوم. اختفت عبارة السيدات والسادة. وقالت أيضًا إنه كان اعتبارًا للأشخاص الذين شعروا بعدم الارتياح لهذا التعبير ، بما في ذلك الاختلافات الواضحة بين الجنسين.


يمكن القول أن هذه محاولة للتغلب على الانقسام الذي يقسم جميع البشر في العالم إلى رجال ونساء. وفي هذا الأحد ، وبدعوة من الأستاذ إيشيكاوا من كلية الدراسات الدولية ، قدمت عرضًا في ورشة عمل دولية مصغرة مرتبطة بالبروفيسور كونغ من جامعة سيول الوطنية. كان أحد الادعاءات هناك التي نبهت الحذر بشأن الانقسام.

في العرض ، قمت ببحث في مفهوم التنمية المستدامة نفسها. بالبداية ، أشرت إلى أن  القصتين المتضاربتين متضمنتان فيه: الاستدامة والتنمية. وذكبت أن الاستدامة مرتبطة بنظرة دائرية للوقت ، والتطوير مرتبط بنظرة خطية للوقت.


وقلت إنه من الضروري تقديم فكرة ثالثة عن الوقت تتغلب على الصراع أو التوتر بين هاتين الفكرتين للوقت. وبعبارة أخرى ، فإن إعادة النظر في التنمية المستدامة من منظور الوقت وإيجاد طريقة لتحقيق كليهما هي خطوة هامة نحو تحقيق التنمية المستدامة ، والتغلب على التوترات والصراعات بين الاستدامة والتنمية.

بشكل عام ، ما نراه في التعاليم البوذية هو نظرة دائرية للوقت ، وما تمثله المسيحية والإسلام هو نظرة خطية للوقت.نجد هنا أيضا انقسام الشيءين. فتنقسم فكرة الوقت إلى قسمين. إن أحدها وقت خطي يسير مباشرة نحو الهدف ، والآخرهو وقت دائري لا يتم فيه تحديد الهدف ويستمر في الدوران حول دائرة هائلة لا نهاية لها.

من المؤكد أن النظرة الخطية للوقت ستكون أفضل غدًا مما هي عليه اليوم ، لذا ستخلق قصة إيجابية للغاية ستستمر ولن تستسلم أبدًا. من ناحية أخرى ، فإن النظرة الدائرية للوقت تميل إلى أن تؤدي إلى قصة سلبية مفادها أنه بغض النظر عما تفعله ، فهي عديمة الفائدة لأنك ستعود في النهاية إلى نقطة البداية بغض النظر عن مدى صعوبة المحاولة.

بالطبع ، هناك أشخاص سلبيون تجاه الحياة حتى في نظرة إيجابية للوقت ، وهناك أشخاص إيجابيون وإيجابيون دائمًا تجاه الحياة حتى في نظرة سلبية للوقت. يجب أن يكفي بأن لكل شخص له لون خاص به ، لكن مفهوم الانقسام لا يسمح بذلك.

ومع ذلك ، فإن فكرة التفكير في وجود واحد فقط من الاثنين ، أو أنها مشكلة إذا لم تكن واحدة من الاثنين ، تسبب مشاكل.

في الحقيقة، الانقسامات مليئة حولنا، مثل عدو وحليف / مؤمن وكافر / الحقيقة والباطل / الجنة والنار / أسود وأبيض ، إلخ.

على سبيل المثال، نجد في القرآن الكريم قصص مؤسسة على الانقسام، وحسبه ينقسم العالم بوضوح إلى أعداء وحلفاء ، مؤمنين وغير مؤمنين. ومنها: 


{قُلْ سِيرُوا فِي الْأَرْضِ ثُمَّ انظُرُوا كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الْمُكَذِّبِينَ}

–(6:11 الأنعام)
 
   ليس من الضروري انتظار ابن خلدون ليشير إلى أن كل الحضارات لها عمر محدود ، ولكن حسب هذه الآية فإن كل من عاش في حضارة ميتة هم "الذين رفضوا الحق". والدمار ذاته هو نتيجة رفض الحق.
 
وهنا انقسام بين المؤمنون والكفار. المؤمنون هم الذين يعرفون الحق، والكفار هم الذين يرفضون الحق الذي لا يعرف الحق فأُصابوا بالهلاك التام.
 
إن الحقيقة لم يتم الكشف عنها حتى بعد البحث المستمر، فلذلك لا بسبطيع أن يصررعلى الحقيقة، ولا يحتقرغير المؤمنين ولا يلعن نهاية غيره، فقط لأنه مؤمنن. ألم تر، وراء هذه الآية، الانقسام الذي يؤكد مؤمنا فقط.

فانتبه إلى الانقسام! خاصة إلى الانقسام الذي يصر جانبيه على الحقيقة والعدالة لأنفسه فقط. في مدونتي السابقة ، قدمت لكم فكرتي أنه يجب أن تقول إن الحياة البشرية مهمة بدلاً من حياة السود مهمة ، لكن حياة كل شخص لها نفس الأهمية ، وهناك تنوع ، ليس أسود أو أبيض. لا يوجد هناك سوى تدرجيات لا حصر لها.

بمجرد أن قلت الأسود أو الأبيض ، كنت سأدخل في انقسام الأسود أو الأبيض ، أو أتدخل أو أشارك. بهذا المعنى ، لا أريد أن تسمي نعومي أوساكا نفسها سوداء. "بشر واحد قبل أن أكون لاعب تنس" أعتقد أن هذا يكفي.

شخص واحد ليس أسود أو أبيض. استمر في استكشاف الحقيقة ، وليس ما إذا تم قبولها أو رفضها.

فيما يتعلق بتقسيم الوقت الخطي أو الوقت الدائري ، فإن كلا من الإسلام والبوذية يقدمان مخرجًا من هناك. من خلال استكشاف المعرفة الدينية على أساس أن الوقت ليس جوهريًا ، يجب أن يكون الطريق لحل هذه المشكلة مرئيًا.

قد تكون مشكلة الاختلاف بين الجنسين أكثر صعوبة من الاختلاف في لون البشرة ، ولكن من الممكن أن تعيش فقط في الخيال كرجل والخيال كامرأة - حتى لو كان المحتوى متنوعًا. لا شك في أنه تم دفعها لأجيال.

 آمل بصدق أن يكون إلغاء "سيداتي وسادتي"  فرصة لملاحظة وجود انقسامات أخرى وآثارها الضارة.

2020年10月2日金曜日

Be Wary of the Dichotomy itself

TV news programs reported that the English expression of Japan Airlines' airport announcement has changed today. The phrase Ladies and gentlemen disappeared. It was also reported that it was a consideration for people who felt uncomfortable with this expression, including obvious gender differences.

It can be said that this is an attempt to overcome the dichotomy that divides all human beings in the world into either men or women. This Sunday, at the invitation of Professor Ichikawa of the Faculty of International Studies,  I gave a presentation at an international mini-workshop connected with Professor Kong of Seoul National University. One of the claims there was to be careful about the dichotomy.

In the presentation, I examined the concept of sustainable development itself. First of all, I pointed out that the conflicting stories of sustainability and development are contained, and sustainability is linked to a circular view of time, and development is linked to a linear view of time.

And I insisted that it is essential to present a third idea of ​​time that overcomes the conflict or tension between these two ideas of time. In other words, re-examining sustainable development from the perspective of time and finding a way to achieve both is a step toward the realization of sustainable development, overcoming the tensions and conflicts between sustainability and development.

Generally, what is seen in Buddhist teachings is a circular view of time, and what is represented by Christianity and Islam is a linear view of time. Here is also the dichotomy. The idea of ​​time is divided into two. It is a linear time that goes straight toward the goal, and a circular time that the goal is not set and keeps going around an endless and tremendous circle.

The linear view of time will definitely be better tomorrow than today, so it will create an extremely positive story that will keep going, never give up. On the other hand, the circular view of time tends to lead to a negative story that no matter what you do, it is useless because you will eventually return to the starting point no matter how hard you try.

Of course, there are people who are negative about life even in a positive view of time, and there are people who are positive and always positive about life even in a negative view of time. It should be good for each person, but the dichotomy does not allow it.

However, the idea of ​​thinking that there is only one of the two, or that it is a problem if it is not one of the two, causes problems.

Enemy and ally / believer and unbelievers / truth and falsehood / heaven and hell / black and white, etc.

Let me introduce one story based on the dichotomy from the Islamic scripture Qur'an, which clearly divides the world into enemies and allies, believers and unbelievers.

(6:11 الأنعام) : {قُلْ سِيرُوا فِي الْأَرْضِ ثُمَّ انظُرُوا كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الْمُكَذِّبِينَ}
Say: 'Go about journeying the earth and behold the end of those who gave the lie (to the Truth).’(Livestock 6:11)

  It is not necessary to wait for Ibn Khaldun to point out that all civilizations have a lifespan, but according to this verse, all those who lived in a dead civilization are "those who rejected the truth." And the destruction itself is the result of rejecting the truth. Believers who know the truth and unbelievers who reject the truth that does not know the truth (and are destroyed). 

Even though the truth is not revealed even after continuous quest, it makes me feel like I knew the truth just because I was a believer, despised people other than believers, and even cursed the end. The dichotomy appears and disappears behind this verse.

I just want to pay attention to the dichotomy, that is, the dichotomy, as if only we have truth and justice. In my previous blog, I mentioned my theory that you should say Human lives matter instead of black lives matter, but everyone's lives are equally important, and there is diversity, not black or white. There are only endless gradations.

As soon as I said black or white, I would get into the dichotomy of black or white, get involved, or be involved. In that sense, I don't want Naomi Osaka to call herself black. "One person before being a tennis player" I think this is enough.

One person, not black or white. To continue to search for the truth, not whether it was accepted or rejected.

Regarding the dichotomy of linear time or circular time, both Islam and Buddhism offer an exit from there. By searching for religious knowledge on the premise that time has no substance, a path to solving this problem should be visible.

The problem of gender difference may be more difficult than the difference in skin color, but it is possible to live only in fiction as a man and fiction as a woman-even if the content is diverse. There is no doubt that it has been pushed for generations.

 I sincerely hope that the abolition of Ladies and Gentlemen will be an opportunity to notice the existence of other dichotomy and its harmful effects.

2020年10月1日木曜日

男か女か、黒か白か、信者か不信心者かといった2分法(ダイコトミー)自体について考えておく

 本日から、日本航空の空港内アナウンスの英語表現が変わったという。Ladies and gentlemenというフレーズが姿を消したと。明らかな性差を含むこの表現を不快に感じる人々への配慮だとも伝えられていた。

 これは、世界中の人間をすべて男女のいずれかに分ける2分法を乗り越える試みともいえる。今週の日曜、東洋大学国際学部の市川教授の招きで、ソウル国立大学の Kong 教授とつないだ国際ミニワークショップでひさびさにプレゼンテーションを行った。そこでの私の主張の一つが2分法に気をつけよということであった。

 発表では、サスティナブルデベロップメントという概念自体の検討を行なった。まずは、持続性と発展性という相容れない物語が内包されていて、持続性は、円環的な時間観、発展性は直線的な時間観にそれぞれ結びついている点を指摘した。

 そして、この二つの時間観の対立あるいは緊張を乗り越える第3の時間観念の提示が必須であると主張した。つまり、持続的発展を時間観の観点からとらえなおし、両立の道を探るのが、持続性と発展性の間の緊張や対立を乗り越えて、まさに持続的な発展の実現に近づく一歩なのである。

  一般に、仏教の教えに見られるのが、円環的な時間観、キリスト教やイスラームに代表されるのが直線的な時間観とされる。ここにあるのも、2分法だ。時間の観念が二つに分けられている。ゴールを目指してひたすら進む直線的な時間と、ゴールは設定されず果てしなくとてつもない円を回り続ける円環的な時間である。

 直線的な時間観は、明日は今日より絶対よくなるから、とにかく進み続けようとする、あきらめることを知らない極めてポジティブな物語を生み出す。これに対して、円環的な時間観は、どんなに頑張ってみたところで結局は出発点に戻ってしまうのだから、何をやっても無駄であるというネガティブな物語に結びつきやすい。

 もちろん、ポジティブな時間観の中にあっても人生に対してネガティブな人はいるし、ネガティブな時間観の中にあっても人生に対してポジティブでいつも前向きな人はいる。人それぞれでよいはずだが2分法はそれを許さない。

 だが、二つのうちのどちらかしかないとと思いこんだり、2つのうちのどちらかでなければ困りますとしてしまったりする考え方自体が、問題を引き起こすのだ。

  敵と味方/信者と不信心者/真実と虚偽/天国と地獄/黒と白 などなど。

 世界を明確に敵と味方、信者と不信心者に分けるイスラームの聖典クルアーンから2分法をベースにした物語を一つ紹介しておこう。

(6:11) : {قُلْ سِيرُوا فِي الْأَرْضِ ثُمَّ انظُرُوا كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الْمُكَذِّبِينَ}

 《言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して、真理を拒否した者の最後が、どうであったかを見なさい。」》(家畜章11)

  すべての文明に寿命があることについては、イブン・ハルドゥーンの指摘を待つまでもないが、この聖句の命じるところによれば、滅んだ文明を生きた者たちはすべからく「真理を拒否した者」であり、滅亡自体が真理を拒否したことの帰結なのである。真理を知っている信者と真理を知らない(から滅亡させられてしまう)真理を拒否した不信心者。

 真理は、たゆまぬ探究を続けてもなお、明らかになどならないにもかかわらず、信者だというだけで真理を知った気になり、信者以外の人々を侮蔑し、その最後を呪いさえするような2分法がこの聖句の背後に見え隠れする。

 自分たちにのみ真理や正義があるかのような2分法、つまりダイコトミーには、とにかく注意を払いたい。以前のブログで、black lives matter ではなく、Human lives matter と言ってみては、という拙論を披歴したが、みんなの命は等しく大切なのであって、そこには黒とか白とかではなく、限りない多様性があるだけ

 黒とか、白とかと言ってしまったとたんに、黒か白かの2分法に乗ってしまう、巻き込まれる、あるいは、加担することになる。その意味で、大坂ナオミ選手には、自分をブラックだと言ってほしくない。「テニスプレーヤーである前に一人の人間」これで十分だと思う。

 黒か白かではなくひとりの人間。真理を受け容れたか拒否したかではなく、真理を探究し続けること。

 直線的な時間か円環的な時間かのダイコトミーについては、イスラームにしても、仏教にしてもそこからの出口を提示してはいる。時間に実体はないことを前提に宗教的な知見を探究することによってこの問題の解決の道筋は見えても来る。

 性差の問題は、肌の色の違い以上に、難しい問題をはらんでいるかもしれないが、男としてのフィクション、女としてのフィクションーーその内容は多岐にわたるしても――のみを生きることがいく世代にもわたって押し付けられ続けたことは間違いがない。

  Ladies and Gentlemen の廃止が、それ以外のダイコトミーの存在とその弊害について気づきのチャンスとなることを切に願う。

 


2020年8月15日土曜日

コロナ禍による観光業の構造転換期に新基軸の観光教育の真価が問われる

コロナ禍で先行きが見えない観光業界。就職内定取り消しのニュースなど聞くと、観光学科の存在意義自体を問う声も出てくるのかもしれない。

たしかに、インバウンドをはじめこれまで右肩上がりが前提となっていたものが、まったくあてにできない状況が生じてしまっている。

とはいえ、人が旅することをやめることはなさそうだ。外出を自粛するのか、GOTOトラベルキャンペーンを利用して旅行に出かけるのかという選択肢の中でも、一定数は、GOTOする。ワクチンが開発され、効果が確認されるようになれば、世界的な旅行ブームが訪れることさえあり得ない話ではない。

 

もちろん、GOTOトラベルの政策としての有効性を疑問視する声があることは事実だ。1兆3500億円の予算をすべて使いきったところでキャンペーンは終了。その経済規模は、18年の観光消費額の1割程度。しかも、補助があるならという類の高級志向で、LCCや中小の宿泊業者は恩恵にあずかれないどころか一層の苦境に追いやられる。「進むも地獄、退くのも地獄」(日経ビジネスコラム、2020/7/28 2:00 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61827530S0A720C2000000/)というGOTOトラベルに対する指摘は見逃せない。

 

しかしながら、人は、この政策の成否にかかわりなく旅を続ける。旅の形の一つであり、旅行会社が提供する商品としての旅行でもある「ツアー」の語源が、工場労働者たちの休暇に行われる旅行であったため、旅は余暇活動の一つに分類されることが多く、不要不急の外出の代表選手のような扱いを受ける。

しかしながら、人は休暇の活動としての旅行を行なう以前から、旅してきたし、旅人との交流の中から、自分たちの世界を広げても行った。たとえば、柳田國男によれば、「「たび」という言葉が「たぶ(=給う=下さい)」という村人への「交易の要望」から派生し定着したもの」であって、旅とは「ある種の交易として成立したという(柳田、1931:457)。」(田中大介「柳田国男の交通論」2006、
https://www.jstage.jst.go.jp/article/soshioroji/51/2/51_57/_pdf

 

そもそも人生自体が旅になぞらえることもあり、余暇(レジャー)活動の一つには収まりきらない意味を含んでいる。

そこにあるのは、異なる文化との出会いの中で人生を豊かにしていく旅のありようだ。

一つの価値観、一つの正義にとらわれて身動きが取れなくなるのではなく、どれくらい自分の中に異文化を取り入れられるかが、人生100年時代を生きていく知恵をもたらすのである。

 

異なる文化、つまり異文化と聞くと、外国の文化が想起されるかもしれないが、自分たちの身の回りをちょっと見渡しただけで、異文化に満ち溢れていることに気づく。結果を性急に求めるタイプの人もいれば、結果が出るまで待ち続けられる人もいる。独裁的な組織やリーダーによるトップダウン型の支配を好む人もいれば、自由と民主主義を基調にするグラスルーツ型の協治を好む人たちもいる。

 

異なる文化の人々が、それぞれに優位性を主張すると、間違いなく争いになる。昨今の国際情勢を見ればわかるように、政治の場面での異文化衝突は、所詮は、力によって制圧され、強きが弱きをくじいて終わるしかないかの様相を呈する。

 

 

そんな時代だからこそ、観光が必要なのだ。自文化中心主義に凝り固まった頭をほぐし、他者を受け入れることを学ぶ。ちなみに、筆者の担当する相模原ビジネス公務員専門学校観光学科の「観光と文化」では、異文化理解の基礎とスキル学ぶ。留学生にも好評の科目だ。

 

日本人にとって、明らかに異文化の一つに数えあげられるのが、イスラームやムスリム(イスラーム教徒)ではないだろうか。八百万の神の世界からすると唯一神教の世界は対極にあるし、豚肉を食べない文化も理解しがたい。しかし、それが圧倒的に異文化であるとするならば、むしろこれを機会に学びに行く。

文化を象徴するものの一つが言語であるとするならば、彼らの聖典の言葉アラビヤ語を、あえて学びに行く。日本語とは語順が面白いくらいに逆。思考も逆ならものの切り取り方も逆。説明も説得も逆であることを意識する必要がある。アラビヤ語の達人になろうというのではない。異文化対応の達人を目指そうということだ。つまり、極端に違うものを、異文化の受容の振れ幅の中に入れておけるだけの教養と彼らに対するおもてなしのスキルを身に着けようというのが、相模原ビジネス公務員専門学校観光学科の狙いの一つだ。

 

インバウンドがストップしている現状において、ムスリム対応などその必要はないと多くの方が思うかもしれない。「訳が分からない」と。。しかし、実際はその逆。日本のムスリム社会は、世界中の多種多様なイスラーム文化が混在する博物館状態にある。

したがって、ムスリムに対するおもてなしのスキルは、マイクロツーリズム需要を受け入れる際にも必ず必要になる。各地の観光協会の職員各位にあっては、これを機会に、さがみはらビジネス研究所の一般講座でぜひチャレンジしていただきたいくらいである。

 

 

学校の宣伝のようになってしまっているけれど、続けさせていただくと、同校の観光学科は、おもてなしの基礎もないところへ「ムスリムおもてなし」だけを教えているように勘違いされる向きもあるかもしれない。

同校では、「観光概論」で観光に携わるための体幹をじっくり鍛え、就職に結びつきやすい専門学校の観光学科の3つの資格、日本の宿おもてなし検定、インターネット旅行情報士、国内旅行地理検定の取得を必須とし、さらにホテル検定などにもチャレンジできる体制を整えている。

さらに感染症と感染症拡大対策を学ぶ講座の準備も進めてもいる。

 

 AIとコロナで既存の資格が一方的に侵食されていく現状にあって、専門学校に求められているのは、逆説的ではありますが「非専門性」であるはず。つまり「専門性」が崩れてしまう時の変化への対応力。この頃様々に指摘されている苦境・苦難に遭遇した時に発揮できる「しなやかな力(レジリエンス)」だ。

 

観光産業の構造転換がその生き残りの条件になっていこうとする時代的状況の中、相模原ビジネス公務員専門学校観光学科は、新基軸を堅持できるのか、今こそその真価が問われている。

 

2020年6月14日日曜日

Not only "Black lives matter", but also "human lives matter" !

We don't need only "black lives matter", but also "human lives matter".


Please say, "Human lives matter".  Because as long as "Black" is used as symbol of being discriminated, Black might be continued to be related with discrimination.  It means discrimination won't go away, rather it is imprinted into peoples' mind.  If so, it must be repeated severer way than before as American history tells.


Please don't stop only claiming existing systematic discrimination.  We should demonstrate comprehensive integrated principle: human share common root, and whole human beings are as if sharing same body.  Please share pain both in body and heart, not angry. 


WE DO NOT NEED ANY FIGHT FOR SOMEONE'S JUSTICE, BECAUSE FIGHT FOR JUSTICE ALWAYS BRINGS ABOUT ANOTHER SEVERER FIGHT.


Please stop dividing the world into two contrasts; Black and White, Left and Right, Rich and Poor, Upper and Under, the heaven and the hell, Mu'min and Kaafir, etc. 
In the age hence everyone has his/her own identity, number of justice is same as number of people.

WE NEED COMPASSION i.e. OMOIYARI (in Japanese) FOR ALL EACH OTHER. 

2020年5月10日日曜日

いまさらだけれど、ラマダーンが人間であることの証明である件について

 目下、世界17.5億人のイスラーム教徒たちが臨んでいるラマダーン月の斎戒。様々な解説がなされるけれど、現象面からのアプローチが多く、しかも、一見とても奇異な文化的慣行ではあるのだけれど、様々な効用があるという指摘を行なって了解してもらうタイプが多い。

 
  イスラーム教徒にとっては当たり前すぎるために、彼らの口から語られることはなく、またイスラーム教徒以外の人たちからすると、自分たちが行うのではないために、見落とされがちな事柄がある。


 それは、ラマダーンのサウム(斎戒)が意思によって行われなければならないということだ。ラマダーン月が始まる際に、あるいは、斎戒を行なう日ごとに、「サウムを行なう」ことを決めてから実際にサウムを行なう。寝坊をしたからと言って日没になってからその日最初の食事をしたからといっても、斎戒にはならない。そこに、斎戒の意思はないからである。


 決めたことを行なう。「(すべての)行為は意思による」とは、アッラーの御使いムハンマド(彼の上にアッラーの祈りと平安あれ)の言葉であり、私たちの日常的な法律の世界においても、意思による行為には、契約であれ、犯罪であれ、責任が問われるが、意思によらない行為、たとえば故意ではない犯罪では、罪が問われないことが原則だ。


 とはいえ、行為は意思によるとは、当たり前のようでありながら、なかなかできなことでもある。たとえば、朝、今日中にやっておこうと決めたことが、先延ばしになる。よくあることだ。どうも、決めたことができないところに人は悩み心を砕く。これはもう、イスラーム教徒に限った話ではない。 人類に共通の悩みと言っても過言ではない。


 そこでラマダーンの斎戒である。イスラーム法では、斎戒者の意思による斎戒であることが、ラマダーンの必須の要件になる。つまり、ラマダーンの一か月というのは、意思したことをやり通す1か月なのである。


 意思したことをやり遂げる。達成感の源である。自由な意思をもち、それによって行為するのが人間だとすれば、 様々な誘惑を振り切ってそれをやり遂げるのは、人間にしかできない、もっとも人間的な行為だと言えないであろうか。


 しかも、斎戒で求められるのは、食べず、飲まず、怒らず、妬まず、欲しがらずと、すべて消極的な行為である。スポーツのトレーニングや、受験勉強、あるいはボランティア活動のような積極的な行為とは対照的だ。「~を行なわない」というだけで特別な能力や気持ちを必要としない。にもかかわらず、決めたことができたという達成感を味わうことができるのだ。


 さらに言えば、この達成感は、誰も傷つけない。傷つけないどころか、食べなかった1食分が誰かの口に入る。スポーツの大会や受験勉強とは違って、敗者がいない。全員が勝てるゲームになっている。


 この人間に固有の、もっとも人間的な行為を、信者全体で行なおうというのがラマダーンのサウムなのである。つまり、「決めたことをやり遂げる」という人間にしかできない実践なのだ。したがって、ラマダーンの1か月は、人間であることを証明する一か月ということになる。決めたことができるのを確かめる機会だと考えるならば、それを、イスラーム教徒の文化的慣行の地位に置いておく必要はない。


 「決めたことをやり遂げる」ことができるのを確かめ、自分を実感したいと考えるのは、むしろイスラーム教徒以外の人々ではなかろうか。「あの人たち」の文化ではなく、「みんな」の元気の源にもなりうるのが、ラマダーンの根源にある、人間全体に対するメッセージ、つまり、さまざまな違いはあってもまずは人間であることの教えなのである。

جناحك لحياتك

من أجل ماذا، الأجنحة؟ هل هي من أجل تغطية أم الطيور بها لأولادها، أو من أجل تغتية آباءها العجوزة فقط. لا تعرف الأفراخ أن الأجنحة من أجل الطيران بعد.


إذا كانت المسافة مع الناس قريبة جدًا ، يمكنك طي الجناح ولكن دون فردها. كلّا ما دام أن يُرمي الطعام في فمك، فلا تعترف وجود جناحك حتى.

ولكن ما دام بقاءك في المنزل فلا تستطيع اعتباف بوسع السماوات والأرض وما بينهما من الإمكانيات اللانهائية.


تُأمر حاليا مراعاة شديدة لمسافة اجتماعية حتى في المنزل. في الواقع ، قد تكون فترة التحضير للطيران حيث تتأكد وجود أجنحتك.


إذا كنت تطير في السماء ، فستعرف ما تحتاج إلى حمايته. إذن قد أعطيت جناحك من أجل طيرانك.
هيا بك طِر (أو طيري) بجناحك.

翼を広げて、飛べ!

翼は何のためにある?親鳥が雛を守り育むためにだけあるのか?雛はまだ知らない。それが飛ぶためにあるということを。

距離が近すぎると、翼をたたむことは覚えても、広げることをしなくなる。いや、翼があることにすら気づかない。飛ばなくてもエサが口に入ってくるからだ。

けれど、飛ばなければわからない。天がどこまでも広いことも、大地もまた広くて可能性に満ちていることも。

家の中でさえ、距離をとれといわれるこの時代。実は翼の存在を思い出し、飛ぶための準備の期間かもしれない。

空を飛んでみれば、守るべきものは何なのかもわかるはずだ。君の翼は、君が飛ぶために授けられている。

2020年5月4日月曜日

ماذا نقرأ ؟


قال تعالى: ( اقرأ بسم ربك الذي خلق). فالقراءة هي الأمر الأول من الأوامر على مستوى المصحف من عند الله. ولكن ماذا اقرأ ؟ هذا واضح بالنسبة لرسول الله _ص_، كما يقول المفسرون، اقرأ يا محمد القرآن الكريم.

بعد ألف وأربع مائة سنة من النزول،ما أمامنا هو المصحف، إذن ماذا نقرأ نحن الآن؟

المصحف هو كتاب مجموع الآيات المنزولة من عند الله إلى عند رسول الله محمد _ص_.

كما نعرف أن كلمة آية لها معاني أخرى، كما قال تعالى.

وَكَأَيِّن مِّنْ آيَةٍ فِي السَّمَاوَاتِ وَالْأَرْضِ يَمُرُّونَ عَلَيْهَا وَهُمْ عَنْهَا مُعْرِضُونَ (105يويف)


هناك آية غير محسوبة في السماوات والأرض. منها الشمس والقمر والنجم والجبل والبحر والنهر إلخ ولكن العالمون يمرون عليها ويعرضون عنها. الذين لا ينظرون لا يقرؤون.


ثم قال تعالى:
وَمَا يُؤْمِنُ أَكْثَرُهُم بِاللَّهِ إِلَّا وَهُم مُّشْرِكُونَ (106يويف)


فكثير من العالمين يؤمنون بالله ولكن هم مشركون. ماذا يحدث بهم ؟
إذا آمنوا بالله من خلال الآيات المنزولة عند رسول الله من دون نظرة الآيات المجدد من عند الخالق المطلق، هم كأن مؤمنين بالمصحف فقط، وهم تركوا وجود الله كالخالق. فإيمانهم له قد يكون ماكن الشرك.

ما الفقر عدم قراءة المصحف، بل الفقر هو مجرد قراءة المصحف، ولا يعرف ذلك معظم المسلمين.

فيجب أن نقرأ الآيات المنزولة والآيات المنظورة أو المشعورة، والجوات بين الناس لو ممكن، كدلائل وجود الله وخلقه اللانهاية.


لو أخذنا الآيات المنظورة أو المشعورة مع الآيات المنزولة في مصادر الشريعة الإسلامية، لنجعلها أن تخرج من الحصن العتيق بالاجتهاد الحقيقي فلا تنظم المسلمين فقط بل العالمين كافة. والله أعلم.

「読め」から始まった『聖典クルアーン』。読むべきは?

 至高なる御方は言う。《創造を行なったあなたの主の名前で読みなさい。》(凝血章1)
いちばん最初の啓示とされる聖句である。クルアーンの中でムハンマドに対する最初の命令は、「読め」だった。「読むこと」がクルアーンの最初の命令だったのだ。「何を読むか」については、啓示上明記はない。
 ムハンマドにとっては、注釈学者の解説の通り「読み」の目的物は、聖典クルアーンだったはずだ。その後このムハンマドに降った啓示は、口伝され異本を取り除いた後、3代目カリフ、ウスマーンの時代にまとめられ、現在にまで至る。アルムスハフ(書物)とも称される『聖典クルアーン』である。
 翻って、その聖句を1400年後に読むわれわれにとって、「読み」の目的語は、聖典クルアーンだけであろうか。
 アルムスハフの一つ一つの節を「アーヤ」というが、「アーヤ」には別の意味もある。その代表格が、「しるし」である。

وَكَأَيِّن مِّنْ آيَةٍ فِي السَّمَاوَاتِ وَالْأَرْضِ  (105يويف)  

天と地の間には、(アッラーの唯一性や神慮に関し)いかにも多くの印がある

ここに言われている「印」のことである。
こうした印について人々の反応は次の通りだという。


يَمُرُّونَ عَلَيْهَا وَهُمْ عَنْهَا مُعْرِضُونَ (105يويف)
かれら(人々)はそのそばを通り過ぎるのだが、それらから(顔を)背ける。

 太陽を見ても、月を見ても、星を見ても、山を見ても、海を見ても、アッラーの存在の印としては見ずに、そばを通っても通り過ぎ顔を背けてしまう。
 その次の聖句は、さらに示唆深い。

وَمَا يُؤْمِنُ أَكْثَرُهُم بِاللَّهِ إِلَّا وَهُم مُّشْرِكُونَ (106يويف) 
かれらの多くは、アッラーを多神の一つしてしか信仰しない。

 創造主たるアッラーの印を天と地に読まない人々は、アッラーを信仰していたとしても、多神信者の信仰になってしまうというのだ。

 創造主の創造は、日々続けられている、いや、瞬時に更新されている。この瞬時に更新される印を読まずに、クルアーンにしかアッラーの印を読まないのだとすれば、アッラーの印をあるムスハフの時点に固定してしまうことであり、アッラーの創造主としてのありようを無視することに他ならない。それは、アルムスハフには忠実であるかもしれないけれど、とても創造主たるアッラーの忠実な僕とは言えない。
 アルムスハフ教。アルムスハフが下された時点でアッラーの創造主としてのありようを止めてしまう教え。多神教の一つとされても仕方がない。
 
 かつて私は、大学の講義の中で、アルムスハフを読みもせず場合によっては存在さえ知らずに、空気ばかり読んでいる人々に対して、空気しか読むものがない貧困を指摘してきたが、どうやら、間違えていたようだ。
 アルムスハフだけを読んで満足することも大きな貧困なのである。読むべきは、創造主たるアッラーの存在の印すべてである。
 ムスハフとしてくだされたアーヤも、私たちの目の前を通り過ぎていく幾多の森羅万象も、そして人々の思いが織りなす空気も、すべて究極の一なる創造主の存在の印として読むこと。そうした時にはじめて多神教に絡めとられることのない一神教の次元に進むことができる。
 シャリーアが、イジュティハードを行なってもなお過去にとらわれてしまうのも、その究極の法源がアルムスハフとしてのクルアーンだからなのかもしれない。多神教徒も含めてすべての人々の法となるためには、単に慣習の法源的地位を引き上げるというのではなく、観察される印をアルムスハフと同等に法源に組み込む努力が必須となろう。
 そのためにも、我々にとってのキラーアの対象は、アルムスハフと天地の間の創造主の印、そしてできれば人々の空気ということになる。すべてを創造した主の名前によって読むのだから。(اقرأ بسم ربك الذي خلق) アッラーはすべてを御存知。

2020年5月3日日曜日

憲法の戦争放棄が生きる今:改憲より生存権の確保に急げ(憲法記念日に寄せて)

 国家という単位の社会の大きなルールを定める憲法という法。改憲に熱心な議論が新型コロナウイルスへの対応ができないのは憲法にその一因があるとして、声を大きくしている。テレビ局が行う世論調査でも、民法の某局の調査では改憲か否かは拮抗しているとしていたのに対し、公共放送では、改憲の肯定的な意見が上回っていると報じている。
  改憲論者の主張の中心は、自衛隊を憲法上に明記することにあると承知している。そこで危惧されるのが、戦争放棄の大原則への抵触である。改めて9条を見ておこう。


 第9条:日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 
 前項の目的を達成するため、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

  正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求する。(正義や秩序がそれぞれであるため、基調とするということ自体が難しくなっていることは認めなければならない)
 しかし、国際平和の誠実な希求は、今まさに求められてしかるべきものだ。
 そして国際紛争を解決するための手段として「国権の発動たる戦争」と「武力による威嚇または武力の行使」を「永久に放棄する」のだ。「永久に」という宣言は、まさに日本国民の強い意志の表れとみることができよう。

 となれば、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しないことになるし、国の交戦権もこれを認めない。 実に論理的である。



 新型コロナウイルスの感染拡大が地球大に及び、緊急事態が世界各国で続く今年の憲法記念日。改憲の可能性よりむしろ、この憲法の戦争放棄と平和主義を貫くことの大切さが示されてはいないであろうか。
  たしかに、平和憲法が曲がりなりにも保たれてきた背景には、日米安保条約と米国の核の傘下に軍事的に守られてきたという事実がある。だが、これはコロナ以前の話である。大航海時代以降の植民地主義にせよ、植民地からの独立後の東西陣営の覇権争いにせよ、あるいは、投資と貿易による覇権争いにせよ、大国同士が覇権を争う形の国際秩序の形成の在り方は、抜本的な見直し、あるいは、否応なしに刷新を迫られる。
 武力行使の具体的な主体たる軍隊は、まさに3密の代表格だ。米軍の多くの空母がクラスター化した時、空母は無用の長物となる。これをチャンスと別の勢力が覇権を獲得しようとしても、結局は同じ目に見舞われる。
 覇権を争うために「敵」の存在をある意味でフィクショナルに利用する時代は終わったのである。


 新型コロナウイルスは、リアルな脅威であり、人類共通の敵である。しかも、当面は、共存を余儀なくされる。

 そんな中で、戦争や武力の行使に何の意味があろうか。国家財政逼迫の折、予算を戦争や軍事に費やす余裕はない。

 今、エネルギーを注ぐべきは、覇権の奪取でも、そのための戦争でもない。新型コロナウイルスの感染を抑え、終息へ向かって奮闘努力することであり、ウイルスの正体を突き止め、治療薬やワクチンの開発を急ぎ、また、通勤から移住、あるいは観光から巡礼まで、移動と接触と結合を前提とする生活様式を少しずつでも変えていく努力がまさに求められている。


 こうした全人類が一丸となって取り組むべき事態において、日本国憲法の「戦争放棄」が、まさに時を得ている。この非常事態宣言下にあって、憲法が25条で保障する「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」が著しく脅かされている。議論すべきは、改憲ではなく、国民の「生存権」の具体的な実現である。
 ポストコロナあるいはウィズコロナの時代に、むしろ真価を発揮するであろう「戦争放棄」をうたった憲法を変えようという主張は状況も時代を読み違えている。憲法前文は言う。


 われらは全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけて、全力をあげて崇高な理想と目的を達成することを誓う。

 コロナウイルスとの闘いを「全世界の国民が等しく恐怖と欠乏から免れ、平和の内に生存する権利」の実現に向け、日本国民がそれぞれの立場で安心して奮闘努力を続けるためにも、いまここで、9条の戦争放棄を変えるわけにはいかないのではないか。むしろ、国際秩序の未曽有の変動時に即した形で憲法の解釈を、そちらの方向にかじを切りなおしてほしいものだ。
 覇権とか核の傘とかが以前のような意味をなさなくなってしまう時代。メディアに流されることなく、「すべての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を謳っているのも日本国憲法であることを確認しておきたい。

2020年5月2日土曜日

لوكان فيروس كوزونا الجدبد هو نذيرا ...

لوكان فيروس كورونا الجديد هو نذيرا من عند الخالق المطلق، لكان النذير عن حياتنا التي نعيش فيها مع الناس المعينة بالمجموعة والمجتمع فقط. كأنه يقول: ابتعدوا من هولاء الناس حتى تفتحوا مسافة من أجل الله والإيمان به.

2020年4月27日月曜日

新型コロナが教えてくれること

ماذا نتعام من انتشار عدوى فيروس كورونا جديد ؟


  バベルの塔の物語では、人々は言語によってバラバラにされた。神は、人間たちが自分を脅かす存在になるのではないかと恐れたからだ。いかにもそのころの神らしい話だ。
 バラバラにされた人間たちは、それでも、お互いに通じ合う努力をして、そこそこのコミュニケーションが取れるようになった。


 新型コロナが来た。人々はどうしたのか。言葉が通じる者同士のまとまりでコロナから自分たち(だけ)をとりあえず守ろうとしている。バベルの塔の神がほくそ笑んではいないであろうか。
 救世主と呼ばれたいファラオたちが神になる。救世主のようでありながら、実はファラオ。実に性質(たち)が悪い。人々は、それに必死に縋るが、救われる者はほんのわずか。それでも人々は、それを「神」と崇める。
 私たちに本当に寄り添い、私たちに応えてくれる存在、私たちを最後まで見捨てない存在はいったい何なのか。
 それなりに機能している政府に選挙によって代表を送り込んでいるような国に住んでいたとしても、コロナより先に経済に命をとられるという状況である。信じるに足るものは何もない、信じること自体を放棄せざるを得ない状況なのだ。
 社会的距離をとれと、政府は言う。前後左右に2メートルの距離。家族であっても2メートルだ。そばにいるから信じられると思っていたものが多くはなかったか。その代表格が家族、そして現金。人間はそもそも群れで生きる。イワシのような群れて生きる魚にもたとえられる日本人の場合はなおさらだ。


 宗教は、人間にこの世とあの世の両方での群れ方を教えているといってよいし、社会は、宗教の群れ方が現世に落とし込まれた結果とみることができる。
 コロナは、人々が群れること自体を拒否する。群れるといえば、イスラーム教徒の礼拝や巡礼はその最たるもの。シャリーアが教えるアッラーの下僕としての表現が奪われる。
 社会的距離を保つ中で、あるいは、周りの人と物質的に密接な距離に入れない中で、その距離の中に私たちが見出すものは何であろうか。
 寂しさだろうか。恋しさだろうか。あるいは、苦しさや哀しさであろうか。
 もっと目を凝らしてほしい。心の目を凝らしてほしい。見えないものを見ようとする心の目。それでもあなたを包んで守ってくれている存在に気付かないであろうか。元気であったとしても、あるいは病床に付していたとしても、あなたを生かし守ってくれている存在のことに。
 それに気づくことができれば、徐々にではあるかもしれないけれど、すべてのことがのありがたさに想いを致すことができる。
 寂しさや恋しさは希望に変わり苦しさや哀しさは喜びに変わる。あなたは、最後の最後まで、死んだ後も永遠にあなたを見捨てない、大きな存在の存在に気づくことができているからだ。神はあなたを見捨てることはない、たとえあなたが神を忘れ、見捨てたとしても。当たり前すぎて忘れてしまうのだ。
 周りに人が近すぎるとなおさらだ。


 コロナがもたらしたのは、群れすぎたことに対する警告である。密閉の距離感で、密接し密集する周りに囚われて、当たり前のことや 本当に信じるべきもの、つまり、生むとか生まれるとかという関係で結ばれる関係ではなく、創造するものとされたものという関係で結ばれている関係を思い出せという警告なのである。
 三密の中に巻き取られず、預言者気取りのファラオたちに追随するのではなく、創造主の方を見なさいということだ。
 コロナの生みの親は、大局的には、自然をほしいままにしてきた人間の欲望であり害悪であろう。もちろん、コロナ自身であるかもしれないけれど。。しかし、それも創造主たる神の行なったことではある。
 乗り越えられない試練を神は与えない。かつてイブラーヒームがそうしたように、創造主への純粋な思いは、社会から人を遠のかせる。バベルの塔の神にはそれを創った神がいた。その神は、あまりにも豊かで妬むことを知らないし、恐れられるばかりで、自らが恐れることは決してない。預言者気取りのファラオたちと比べることができない。
 何を信じ、何に縋るのかを、あるいは、何にしたがうのかを、社会から距離をとりながら、考える機会を与えてくれているのがコロナウイルスだとは言えないであろうか。

2020年4月26日日曜日

新型コロナウイルス感染拡大下のラマダーン月のサウム(斎戒、断食)について

  في صيام شهر رمضان في اليابان تحت انتشار عدوى فيروس كورونا جديد



 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人類社会の全体が未曽有のチャレンジを受けている。イスラームの信仰のまた例外ではない。全世界20億の信者がモスクにも、あるいはマッカ(メッカ)にも集まること自体を控えなければならないのだ。

 ラマダーン月のこの1か月間、モスクに、ムスリムたちの家庭にあるいは夜間のスークに人々が集まる。世界の各地の様々な文化的背景を持つムスリムたちがモザイクのように暮らすここ日本では、ステイホームで3密と移動を徹底的に回避することによって感染拡大と医療崩壊を食い止めようと遅ればせながら政府から非常事態宣言が発出されて、そろそろ3週間が経つ。ラマダーンの前半2週間がステイホーム週間と重なった格好だ。
 ステイホームと3密の回避は、ラマダーン月のムスリムの行動にも大きな制約を課すことになる。お祈りにモスクに出かけることも、あるいは、イフタール(断食明けの食事)に友人を招くことも招かれることも難しくなるからだ。毎年信者であるなしにかかわらず、多くの人々にイフタールを振舞ってきた東京ジャーミイも、今年のイフタールの食事会は中止にするという。



 イスラームは、人間は一人では生きられない、群れてこそ生きられることを、5行の形で示し、人々にその実践を促している。しかし、コロナ禍において人々は群れること自体を回避しなければならない。
 たとえば礼拝は、それ自体が社会の在り方のモデルだという説明を長くしてきた。信者の列は横一列、そこには貧富の差も世代の差も関係がないと。しかし、そもそも密集して密接に並ぶことができない。集団で祈ることができない。社会の連帯を体感する場所が失われてしまう。
 であるとするならばどうするのか。社会的距離を保ちながら、しかし、つながりを実現するような社会の在り方を考え出さなければならない。




 そこで、おそらく今だからこそ考えられることがある。それは、アッラーとの向き合い方だ。集団では祈れないかもしれないが、アッラーに対して祈れないわけではない。モスクへ行かなくても、自宅で十分に祈ることができるのイスラームの祈りだ。
 一人で行なう祈りでは、まさに創造主たるアッラーとじかに向き合う。心静かにアッラーと向き合う大切な時間を与えられたことになる。アッラーのラフマに想いを致す最高のチャンスなのだ。それでも夜は空けるし、止まない雨もない。コロナウイルスも、おそらくは人間が作り出した悪がまわりまわって降りかかっているものとは思うのだけれど、それでも、地球は人類は、多くの犠牲者を出しながらも、なんとか持ちこたえている。アッラーの慈悲慈愛を感じないわけにはいかない。




 ところで、今、世界中の多くの人々が、ウイルスの感染拡大の終息を祈っている。科学者も、政治家も、さまざまに見解を述べるけれど、結局は祈るしかない。特定の信仰を持たない人々であっても、あるいは、無神論者と言われる人々であっても、祈るほかない状況ではなかろうか。
 ここで思い出しておきたいのが、アッラーはラッビルアーラミーンであるということ。ラッビルムスリミーンでも、ラッビルサウディーイーンでも、ラッビルフカラーでもない。すべてを御存知で、すべてを見聞きしているのだとすれば、世界中の人々の祈りはアッラーに届いているはずだ。
 そしてすべてがその存在の創造によるものであったとするならば、ウイルス感染の終息の祈りもその創造主に向けられるのが何より効果的ということになる。
 そんな言説は、非科学的だと思われたかもしれないが、科学がこれほど発達していてもコロナ対策はすべて後手に回っていて、祈るしかない状況に置かれていることも事実である。そうした祈りをだれに受け取ってもらうのかというレベルの話である。
 国家元首、政治的なリーダー、宗教指導者に祈っても、コロナ対策にならないことは誰でも知っている。であるとするならば、森羅万象を創り出す創造主に対して祈りを向けてみる。




 アッラーというと、「イスラームの神」と理解されがちだが、すべての人々の主なのである。厳格さが際立つ神とイメージされがちだが、じつは、なによりも広く遍く慈悲慈愛に満ちた神なのだ。それは、とてつもなく大きな一なる存在であり、この世もあの世も見えるものも見えないものも有限も無限もすべてを包み込み、そこからすべてが創造される「大きな一」。この存在からだけは、誰も、何も逃げることができない。そして、祈りは必ず実現する。それがいつなのかは、神のみぞ知ることではあるけれど。。
 ラッビルアーラミーン(万有の主)としての主は、人々の特定の宗教を強制することはない。したがって、そこには、イスラーム教徒がアッラーと言っているときに、他の人々が想起しているのとは必ずしも一致しない、すべての人々を優しく包み込んでいる神の存在がある。
 そうした神の在り方がコロナウイルス禍の中においてもすべての人々の連帯のもとになるプラットフォームを提供できるのではないかと考える。それは、一神教と多神教をも包摂し、祈る人々すべてを束ねられる一神教4.0と呼びうる地平だ。
 国境で仕切ることしか対策が打てない今回のコロナに対する各国の対応は、まだまだ、一神教的な社会的な結びつきが3.0未満の展開しかできていないということの証左でもある。




 社会的な直接的な結びつきに強力な制約がかかっている今年のラマダーン。大きな一なる存在に一人の人間として直接向き合うにはまれなチャンスとなる。サウムとは、もともと「控えること」の意味。飲食にとどまらず、欲望も、怒りや嫉妬も抑制する。「断食」ではなく、「斎戒」の訳語が用いられるのもそのせいである。コロナに奪われた数多くの命の悼みつつ、コロナによって身体的に、経済的に、社会的に苦境に追い込まれているわれわれの状況を共有し、終息に向けて、優先順位を見失わず、時宜に適った過ごし方で今年のラマダーンは過ごしたい。





#食べないことにより体調を崩し、医療の世話になることが、医療崩壊に拍車をかけることにもなりかねない状況。サウムの実践が、人々を生命の危機にさらすようなことを主は望んでいないのではないか。むしろ、自分自身はコロナウイルス感染者であるかもしれないという自覚を十分にもちつつ、免疫力を落とさぬよう体調の管理に努め、施しの実践にかじを切るのも今年のラマダーンの在り方かと思う。

2020年3月14日土曜日

地上を旅して。。ー石見銀山探訪記ー

1.あらためて、地球はひとつ

新型コロナウイルスによる肺炎の発症と、その感染による死者の発生は、地球規模へと拡大した。その深刻すぎる影響は、私たちの日常がどれほどグローバル化の恩恵に与っていたのかを教えてくれている。観光業と関連のサービス産業や製造業はもちろん、国境をまたぐサプライチェーンでつながっている各種の製造業、それにかかわる諸産業も大打撃である。

問題は人々の移動である。国境をまたぐ種類の移動も、またそれぞれの国内での家庭と職場、家庭と学校の間の移動も、あるいは観光地へ、スポーツ・イベント会場への移動も、こうやってかなりの規模で押さえられてみると、この手の移動によってどれほど経済が動いていたのか、いやもっと露骨に言えば、人々の給料を生み出していたのかがわかるというものだ 。

そうした状況の中でも、いや、そうした状況だからこそ、インターネットは、いい意味でも悪い意味でも存在感が増している。テレワークにしても、ネット通販にしても、ニュースにしても、補習授業にしても、エンターテインメントにしても、デマや風評の拡散にしても、インターネットと、ネットの接続するデバイスは不可欠だ。インターネット情報には、依存的になったり、振り回されたりしないだけのリテラシーが必要だが、ビッグデータの操作によって人々の思考も行動も乗っ取られてしまいかねない状況があることも押さえておきたいところだ。


2.自然と人間の共生

ところで、パソコン、スマホ、ガラ携などのデバイスの電源を支えるリチウム電池の製造に欠かせないレアメタルにコバルトがある。このコバルト、コンゴ民主共和国が主要産地で劣悪な労働環境の中、手掘りで採掘がおこなわれていて、健康被害が深刻で、労働者の中には子供たちもいるという[i]。リチウム電池と言えば、吉野博士が昨年ノーベル化学賞を受賞して、博士本人の口から、リチウム電池が未来社会のインフラを構築しうるという見解も示されていた。充電や蓄電が可能な電池という意味での画期性に疑いはなく、メディアはお祝いムード一色で、リチウム電池生産の陰にはこうした負の部分があることについては、ほとんど言及がなされなかった。

グローバル化が一気に進んだり、生活が飛躍的に便利になったりする陰には、こうした、命の危険と隣り合わせの、あるいは、命と引き換えに仕事をする人々がいる。石見銀山もその例に漏れない。石見の銀が、当時、銅貨を銀貨に代えた中国の銀需要を満たし、その後スペインによってもたらされた南米からの銀も中国に持ち込まれ、アジアとアメリカ大陸とヨーロッパが銀によって結ばれるグローバル化が出現した。それ自体は、現代にもつながるグローバル化の曙光にも位置付けうるもので、石見の銀は、その有力な引き金の一つであったのだから、今もなお進行するグローバル化の歴史の中で特筆すべき存在のように思うが、世界遺産認定は茨の道だったようだ。一度は、顕著な「普遍的価値」の証明が不十分との理由で登録延期の勧告を受けたものの、その後の補足説明や外交活動を通じて、「21世紀が必要としている環境への配慮」がすでにこの場所で行われていたことが決め手になって、逆転登録にこぎつけたという[ii]

現に、「石見銀山の登録に向けて日本側の代表として外交活動を率いた、近藤誠一ユネスコ大使は、2007年9月8日に、島根県大田市で開かれたシンポジウムの中で、銀山周辺に残る自然が逆転登録の決め手になったことを明かしている。近藤大使はICOMOSによる登録延期勧告を受け、各国の政府代表などに対し、石見銀山が伐採した分だけ植林していたことなど、推薦書に記載していた自然に対する配慮の歴史(自然と人間の共生)を積極的に説明したところ、政府代表らの反応が良く強い手ごたえを感じたという[37]。」

登録延期が妥当という勧告のもと、登録へ向けた外交活動を率いた、近藤誠一ユネスコ大使自身が、自然に対する配慮、つまり「自然と人間の共生」の歴史の説明に対する各国政府代表らの反応に手ごたえを感じていた述懐している。



3.グローバル化を支える人々

この登録受理があったからこそ、世界遺産としての石見銀山と周辺地域はあるのだけれど、「21世紀が必要としている環境への配慮」にしても、「自然と人間の共生」にしても、一見持続可能的な試みの種がそこにあったように見えはするものの、石見銀山の過去をきれいごとに包んでしまっている感は否めない。たしかに労働者たちに対する様々な配慮や、自然に対する様々な配慮が施されていたことは、史実に基づいた説明であろう。しかし、労働者たちが危険にさらされていたことや、寿命が短かったことは指摘するまでもない。ガイド氏の説明を聞いて真っ先に思ったのは、福島原発事故後の対応に当たった、福島50と称された人々であり、日雇いで高い賃金に引き寄せられて、生存のために作業に従事した数になど数えてもらえない労働者たちであった。福島はあまりに特別な事例であったとしても、コバルト採掘に従事する、子供を含むコンゴの労働者たちは同じ状況にあるとはいえないであろうか。

「21世紀が必要としている環境への配慮」とか「自然と人間の共生」とかと言った物言いは、そうした労働者たちの存在を覆い隠す言説を生み出してしまう。それは、弱い人々の人権への配慮を欠いた、まさに今もありがちな、支配者は支配層にとっての持続的発展の物言いなりかねない。登録直後には年間で80万人を数えた観光客が、その後は、漸減し、現在では登録以前の水準に戻ってしまったという指摘もある。ガイドの回数は、過去最高を更新していて、そして実際それ自体はたしかに満足度の高いものではあったが、太田地区への来客の数の低下などに顕著なように、世界遺産の観光地としてはもう一つ振るわない。その理由の一つが、逆転登録の決め手になったこの二つのフレーズにあると筆者には思える。



4.山の痛み、人の痛みに寄り添う

筆者が間歩を案内していただいて感じたのは、よくもこんなに掘りつくしたものだということだった。つまり、人間の欲望の強さ、執念にも似た浅ましさである。山が痛いとか、くすぐったいとか、ましてはやめろとは言わないのをいいことに、本当によく掘ったものだ。山に話を聴けたなら、こんなにボロボロに食い尽くされましたと言うかもしれない。あるいは、人間のお役に立ててうれしいというかもしれない。植林までしてもらって本当に嬉しかったと。

もちろん山の気持ちはわからない。しかし、石見に生まれてしまった運命にしたがって、何も迷わずに、子供のころから採掘作業を始め、短い生涯を銀鉱山に捧げた人々がいた以上、石見銀山は、実は、人間の負の遺産でもある。世界文化遺産に指定されたからと言って、正の遺産としてだけ紹介しようとするからどこか綺麗ごとになってしまう。

良くも悪くも両面のあるお金の話、そしてそれによって体現される欲望の話である。そもそも大陸をまたいで、欲望によって世界が動くようになったのは、貨幣によって価値を交換できたり保持できたりするシステムが広がってからだ。その先頭に位置するのがこの場所。物質的には豊かで文化も花開いていたのかもしれない。労働者たちに対するケアが行われていたという事実もある。そういう側面に目が行くのは仕方がないが、どうしても忘れがちになるリチウム電池のコバルトを掘っている子供たちのこと。あるいは、原発関係で命を危険にさらしながら働いている人々のことである。

だからこそ、石見銀山は、グローバル文明の負の側面あるいは、人間の欲深さ、浅ましさを振り返る場所でもあってほしいと思うのだ。その中で犠牲になっていた人々に思いを寄せてみる。他人事と思えない人が多いのではないだろうか。そうすれば、我が身を振り返りつつ、自然の痛みも感じつつ、共感や愛着さえ生まれるかもしれない。


5.地上を旅して、

聖典クルアーンは言う。

{قَدْ خَلَتْ مِن قَبْلِكُمْ سُنَنٌ فَسِيرُواْ فِي الأَرْضِ فَانْظُرُواْ كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الْمُكَذَّبِينَ }137


《あなたがた以前にも多くの摂理の例があった、あなたがたは地上を旅して、真理を嘘という者の最後がどうであったかを見なさい。》(イムラーン家章3:137)


{وَلَقَدْ بَعَثْنَا فِي كُلِّ أُمَّةٍ رَّسُولاً أَنِ اعْبُدُواْ اللّهَ وَاجْتَنِبُواْ الطَّاغُوتَ فَمِنْهُم مَّنْ هَدَى اللّهُ وَمِنْهُم مَّنْ حَقَّتْ عَلَيْهِ الضَّلالَةُ فَسِيرُواْ فِي الأَرْضِ فَانظُرُواْ كَيْفَ كَانَ عَاقِبَةُ الْمُكَذِّبِينَ 36}


《本当にわれは、各々の民に一人の使徒を遣わして「アッラーに仕え、邪神を避けなさい。」と(命じた)。それでかれらの中には、アッラーの導かれた者もあり、また、迷誤が避けられない者もあった。それで地上を旅して、(真理を)拒否した者の最後がどんなものであったかを見るがいい。》(蜜蜂16:36)

聖典は、地上を旅して、アッラーの教えを嘘だとして者たちに対する懲罰の様、悲惨な最期に刮目せよと教える[iii]。しかし、筆者がこの場所で目にし、感じたものは、人間にはどうにも防ぎようのない天罰の姿というよりむしろ、たとえそれを受けていたのだとしても、そのことをも受け入れ、あるいは包み込んで、なお人々の優しさの中に、人間の欲望が食い散らかした山をも癒すような優しさ、つまりアッラーの絶対的な慈悲[iv]の中に生き続けている姿だったのである。

したがって、何よりこの石見銀山を抱く一帯の魅力は、人。筆者が昨年11月の旅行で実感したところによれば、少なくとも出雲から大田市温泉津の一体は、人のやさしさに溢れていたように思う。かつて石見銀山に「自然と人間の調和」が見られたということではなく、今なお、自然をも包み込んでしまうような人のやさしさに溢れているということだ。それこそ、自然と人の共生が持続する前提となりうるものだ。


6.人生のオアシス

温泉津はもちろん、出雲大社なども含め、この一帯は、グローバル化に、SNSにくたくたに疲れ果てた心を癒してくれる場所。出雲大社で手を合わせ、石見銀山で間歩を歩き、人間の欲望の凄まじさに向き合い、当時の鉱山労働者たちに想いを致し、沖泊(おきどまり)の港に佇んで、薬師湯のお湯につかり、ひそんでゆるりと話を聴いてもらえれば、間違いなく心は癒される。

クルアーンによれば、「地上を旅」する目的の一つに、アッラーの恩恵(この世の創造者の恩恵、現世的な利益)の探求がある(「衣を纏う者章」73:20)[v]。また、預言者ムハンマドの出身部族であるクライシュ族が、当時行っていたイエメン方面への冬の旅、シリア方面への夏の旅も、商売のための旅であり、この「アッラーの恩恵を求める旅」に入れられるものであろう。

現代社会に住むわれわれにとって、旅、あるいは人の移動は、直接間接に私たちの暮し、あるいは食い扶持、あるいは経済活動に密接に結びついている。新型コロナウイルスの危機に照らして言えば、現代人は、業種、職種は様々あれど、つまるところ移動が生業だったということさえできそうだ。つまり、いまや、一人ひとりがノマド、あるいはキャラバンとして人生という道を歩いているといっても過言ではないのかもしれない。そうした状況に鑑みたとき、この一帯は、もっとも20世紀の終わりから見たときに21世紀に必要とされるというのではなく、21世紀になって、グローバル大で世界がつながる今を生きる人々にとって、格別の居心地の良さを実感させてくれる観光スポットと言えるはずだ。

新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う騒ぎが収まったら、必ずもう一度訪ねてみたい。

(2020年3月14日)

[i] 「スマートフォンに隠された真実~消費者としてできること~:(C)iStock コンゴの鉱山で働かされる子どもたち(C)Amnesty International and afrewatch

携帯電話やノートパソコン、デジタルカメラに欠かせないレアメタルの一つ、コバルト。その産出量で世界の50%を占めるコンゴ民主共和国では、労働者や子どもたちが過酷な環境で採掘をしています。採掘中に命を落とす人が多くいます。
コンゴ産コバルトの20%は、同国南部の鉱山で手掘りで採掘されており、そのほとんどは無認可の「違法」な鉱山です。落盤や窒息による死亡事故が頻発するような採掘現場で、コバルトの粉塵による呼吸器疾患を抱えながら、11~15万人の採掘労働者が働いています。その中には子どもたちもいます。

そうしたコバルトは、まず、中国の鉱業大手企業の子会社に買われ、中国と韓国にあるバッテリー部品メーカーに供給されます。その部品がバッテリーメーカーに卸され、完成したバッテリーは電子機器や自動車の世界的なメーカーに提供されています。

私たちにも身近な企業であるアップルやマイクロソフト、サムソン、ソニーなどの製品で、そうしたコバルトが使われている可能性があることが、アムネスティの報告書で明らかになっています。

私たちが、日々何気なく使っているモノが、人びとの命を削り、子どもたちを危険にさらしているとしたら...。消費者の一人として、私たちに何ができるかを一緒に考えませんか。」
(https://www.amnesty.or.jp/campaign/archive/drc/)


[ii] ウィキペディアによる、登録までの経緯は次の通り。「日本政府は、「東西文明交流に影響を与え、自然と調和した文化的景観を形作っている、世界に類を見ない鉱山である」として[33]、「石見銀山遺跡とその文化的景観」の世界遺産登録を目指し、2001年に世界遺産登録の前提となる「暫定リスト」に掲載し、2006年1月にユネスコ世界遺産委員会に推薦書を提出した[32]。 2007年5月、各国から推薦された世界遺産登録候補を審査するユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が、遺跡の「顕著な普遍的価値」の証明が不十分であることを理由に「石見銀山は登録延期が適当」と勧告した[34]。それを受け、日本政府や地元は「世界遺産への登録は極めて厳しい」と判断したが、ユネスコの日本政府代表部は、委員会構成国の大使や専門家に、勧告に反論する110ページにわたる英文の「補足情報」を送るなどして、石見銀山の特徴である「山を崩したり森林を伐採したりせず、狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」を積極的に紹介し、巻き返しのための外交活動を展開した[35]。 結果、「21世紀が必要としている環境への配慮」がすでにこの場所で行われていたことが委員の反響を呼び、6月28日、世界遺産委員会の審議により、世界遺産(文化遺産)としての登録が満場一致で決定された。日本の世界遺産登録としては14件目であり、文化遺産としては11件目、産業遺産としてはアジア初の登録となる[1]。

[iii] クルアーンの中の「旅」

l 《40-82.かれらは地上を旅して、観察しなかったのか。かれら以前の者の結末がどうであったかを。かれら(滅ぼされた民)は、これら(マッカの多神教徒)よりも多数で、力も優れ、地上の遺跡も多い。それでも、かれらの稼いだことは、何の役にも立たなかった》(ガーフィル章40:82)

l 《信仰する者よ、あなたがたの1人に、臨終が近付いた時は、あなたがたの間で証言を取れ。遺言書の作成の時は、公正な2人の証人をあなたがたの中から立てなさい。また、もしあなたがたが地上を旅していて、死の苦悩があなたがたに降りかかったならば、あなたがた以外(の民)から2人を、礼拝の後、引き止めて(依頼しなさい)。もしかれらを疑うならば、アッラーにかけて誓わせなさい。「わたしたちは、仮令近親のためでも、どんな値段でも(証言を)売らず、またアッラーの証拠を隠しません。そのようなことをすれば、わたしたちは本当に犯罪者です。」》(食卓章 82:120)

l 《かれら(マッカの多神教徒)は、地上を旅してかれら以前の者の最後が如何であったかを、観察しないのか。かれら(昔の人)は、かれらよりも力において優れ、地を掘り起こし(て耕作し)、またかれらよりも栄えていた。そして使徒たちは明証を持ってかれらのところに来た。アッラーがかれらを損ったのではない。かれらが自ら自分を損ったのである》。(ビザンチン章30-9 )

l 《かれらは地上を旅して、かれら以前の者たちの末路がどうなったかを観察しなかったのか。かれら(昔の者)は、かれらよりも力が優れていた。天にあり地にある何ものも、アッラーを挫くことは出来ないのである。本当にかれは全知にして全能であられる。(創造者章35-44)

l 《言ってやるがいい。「地上を旅して観察せよ。かれが如何に、最初の創造をなされたかを。やがてアッラーは、最後の(甦りの)創造をなされる。本当にアッラーは凡てのことに全能であられる。」》第29章蜘蛛章29-20.)

l 《われはあなた以前にも、町に住む者の中から(特に選んで)、われが啓示を授けた人間以外は、(預言者として)遣わさなかった。かれら(マッカの人びと)は、地上を旅して、以前の者たちの最後が、どんな(悲惨な)ものであったかを観察しているではないか。本当に主を畏れる者に対する、来世の住まいこそ最上である。あなたがたは悟らないのか。(ユースフ章12-109.)

l 《かれらは地上を旅して、かれら以前の者の最後がどうであったかを観察しないのか。かれらは、これら(マッカの多神教徒)よりも有力で、地上に残す遺跡においても優れていた。しかしアッラーは、かれらを罪のために捕えられた。その時アッラーから、かれらを守れる者は一人もなかった》。(ガーフィル章40-21)

l 《本当にわれは、各々の民に一人の使徒を遣わして「アッラーに仕え、邪神を避けなさい。」と(命じた)。それでかれらの中には、アッラーの導かれた者もあり、また、迷誤が避けられない者もあった。それで地上を旅して、(真理を)拒否した者の最後がどんなものであったかを見るがいい》(蜜蜂章16-36)

l 《それからムーサーが年期を満了し、家族と一緒に旅している時トール山の傍に、一点の火を認めた。かれは家族に言った。「あなたがたは待っていなさい。わたしは火を認めた。あそこからあなたがたに消息を持って来よう。または火把を持ち返って、あなたがたを暖めよう。」》(物語章28-29)

l 《言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して、真理を拒否した者の最後が、どうであったかを見なさい。」》(家畜章6-11)

l 《あなたがた以前にも多くの摂理の例があった、あなたがたは地上を旅して、真理を嘘という者の最後がどうであったかを見なさい》。(イムラーン家章3-137)

l 《言ってやるがいい。「地上を旅して、これら罪深い者の最後がどうであったかを見届けよ。」》(蟻章27-69)


[v] 全文は以下の通り。

《主は、あなたが夜間の殆ど3分の2、また(ある時は)2分の1、または3分の1を、(礼拝に)立つことを知っておられる。またあなたと一諸にいる一団の者も同様である。アッラーは、夜と昼を妥当に計られる。かれはあなたがたがそれを計れないことを知り、あなたがたを慈しまれる。だからあなたがたは、クルアーンを無理にならない程度に読め。かれは、あなたがたの中病める者のあることを知っておられる。また或る者はアッラーの恩恵を求めて、地上を旅し、或る者はアッラーの道のために戦っている(ことを)。だからそれを無理にならない程度に読め。礼拝の務めを守り、定めの喜捨をなし、アッラーに立派な貸付け(信仰のための散財)をしなさい。あなたがたが、自分の魂のために予め行う、どんな善いことも、アッラーの御許でそれを見い出そう。その(善行の)報奨は、最善にして最大である。あなたがたはアッラーの御赦しを請い求めるがいい。本当にアッラーは寛容にして慈悲深くあられる》(衣を纏う者章73:20)。なお、「衣を纏う者章」自体は、ごく初期のマッカ啓示だが、本節については、マディーナ啓示とされる。

2020年2月29日土曜日

マジックメタルの輝き:「かながわ移動観光大学inさがみはら」に参加して(草稿)

はじめに



相模原に「いいね」を集められるストーリーをつくろう。そんな呼びかけにまとめられる講演会だったのかと思う。

「素材はあるが商材がない。オリンピックは来るけれど、商品がない。関心はもってもらえても買い手がつかない。点はあるけれど線で結べない。お祭りはあるけれど、泊りがない」。相模原観光協会の北村美仁専務理事(前緑区長)の嘆きは深刻だった。

つまり、プレジャーフォレストはもちろん、宮ケ瀬も津久井湖園地もキラキラしているけれど、なかなか光が見えないのが相模原の現状だということなのであろう。



価値共創で「いいね」の連鎖を




魅力的なストーリーを作るときのキーワードは、価値共創であると本企画のコーディネータを務められた綛田はるみ先生(横浜商科大学商学部観光マネジメント学科教授)は「価値共創~来訪者との共同体験~」の中で言う。2020年のオリンピックロードレースがそのきっかけになりうるという分析は、相模原に対するエールと受け取った。

その価値共創が観光の場面で十分に作用するためには、「また来たい」と思える共感が広がることが必須になる。「また来たい!と思える価値ある経験が、ストーリー性のある経験によって醸成され、それが価値の共創につながり、「また来たい」と思えるようになり、実際にまた来ることになる」という好循環。つまり期待されているのは、「いいね」の連鎖である。

ところが、また来たいと思える共感が巻き付く軸になるストーリーが脆弱であったならば、そのサイクルは空回りを始める。軸がなければ、車輪は回らない。そこにあるのは、共創ではなく共喪だ。相模原が直面している課題だ。



ふわふわした「いいね」/しっかりした「いいね」




ここで「いいね」の正体を少しだけ考えておこう。Facebookの「いいね」は like の訳語だ。両者に微妙なニュアンスの違いがあることは、すでに指摘されているが、意味のずれもさることながら、「だれの」「いいね」なのかというところに「いいね」を集めるヒントがある。

このlike は、複数になることがあることからも解るように名詞として使われてはいるものの、もとは動詞。「だれが」を必要とする品詞だ。Facebookのlikeは、とりあえず「私が like」ということになる。「誰が」が分かっているという意味ではターゲットは絞りやすい。この点は、「だれが」のはっきりしない「ふわふわした」日本語の「いいね」との大きな違いといってよい。

アラビヤ語では「いいね」が『أعجبني A’jabanii』に当たるという紹介がある[1]が、これは興味深い。なぜならば、この「いいね」は「私をびっくりさせた」という意味になっているからだ。ここでも、ターゲットは「私」であるが、目的語になっているところからすれば、驚くのを待っていてくれているとみることもできる。なぜならば、感嘆や驚嘆の究極は、「奇跡」ということができようが、実際にアラビヤ語の「いいね」に当たるこの言葉と同源の派生語の中には、「奇跡」の意味も含まれている。奇跡的な出来事であるのなら待つのもよい。

また別の翻訳では、上の語の受身形を使った「私は驚かされた」がアラビヤ語の「いいね」だとされる[2]。こうしてみるとアラビヤ語の「いいね」には、実は、「いいね」を発信する「私」もいれば、「いいね」と驚いてくれる「私」もいるということ。しかも、そんな「私」が待っているのは「奇跡」的な驚嘆も感嘆も含むということだ。良いも(場合によっては悪いも)私もあなたもみんなもすべてを飲み込んで浮雲のように漂って、ちょっと風が吹けば吹き飛んでしまうような日本語的な「いいね」が捉えにくいのも理解できる。



「奇跡」のしかけ



さて、「いいね」とされるストーリーが欲しい相模原にとって、マジックメタルの話は、ものすごく大きなヒントになっていた。(株)MGNETの代表取締役武田修美氏という人選はファインプレーだったと思う。

たしかに日本的「いいね」は捉えにくいのかもしれない。しかしそれは「いいね」を捉えようとするからで、当たり前だけれど、後追いや二番煎じでは「いいね」の軸になるコンテンツにはなりえないということだ。

「マジックメタル」の凄さは、「奇跡」を見せてくれたことなのだと思う。

分厚い鉄の板から突如文字が浮かび上がる。金型の技術を知らない昔の人が見たら、間違いなく「奇跡」だと驚き、場合によっては、トーテムポール[3]がそうであったように神として崇めてしまったかもしれない。

しかし、金型の職人さんたちにとってこのマジックは、技術の粋であって、奇跡でも何でもない。しかし、これまで金型を知らなかった人々(武田氏はこれを「潜在的顧客」と呼ぶ)にとっては、ありえないことが目の前で起きるわけで、それは今もって奇跡といいうる事象なのだ。神がそこかしこにいる日本的文化の中では「神業」だ。

奇跡とは何かといえば、起こりえないこと、つまり通常の因果関係の枠からは想像できない事象・事態が生じることとまとめられるかもしれない。マジックメタルの場合は、その奇跡的な事象の裏に、研ぎ澄まされた職人の技があって、人間がやったことなのだよということが、実はストーリーにつながる。

「潜在的顧客」にとっては奇跡、専門的には「技術」。奇跡と技術をつないで、それを物語とともに紹介するというのが、武田氏の真骨頂だ。奇跡が人間業であると分かれば、それは恐怖や畏怖の対象であることをやめ、上質のエンターテインメントになる。なぜならば、「好み」を通り越してひろく楽しめるものになっているからだ。となれば、言語の違い、文化の違いを超えて「いいね」が集まる。価値の共創状態の見事なまでの実例なのだ。



奇跡探しは楽しみへ行く道


こうした奇跡に気づけたこと自体が天から降ってきた種類のことなのかもしれず、才能や経験そして環境に負うところが大きいのかもしれない。しかし、誰にだって「奇跡的」な出来事はある。筆者にとっては、今日の出来事が考えもつかなかった奇跡だ。こんなに楽しいお話が伺えるなど、予想などしていなかった。様々な皆様との出会いもあった。鳥居原ふれあいの館の体験コーナーで編んだ組みひもを長くキーホルダーにつけていた自分にとって、株式会社イノウエのブランドとしての成長を象徴する、瀟洒なノートブックと静電気除去ブレスレットのお土産は眩しくもあった。井上毅代表取締役社長は言う。「宮ケ瀬湖近くの奥地にもかかわらず新卒者採用に10人以上が集まる」と。

この奇跡的な出来事のおかげで、かながわの観光という場はかなり楽しいぞと感じることができたのだ。こうした奇跡、あるいは奇跡的な出来事の発見は、心を光らせてくれる。そんな時は笑顔で顔が光っているかもしれない。ついでに言っておけば、この光は、照らされた光ではなく、内面からの光。闇をも照らす種類の光だ。

私たちが潜在的顧客なのは、何も金型に対してだけではない。ぼーっと生きていたら、も地球に対しても、あるいは宇宙に対して、あるいは、この世やあの世に対しても、潜在的顧客に甘んじたまま。この世に対して「潜在的顧客」のままでは、この世を楽しむことはできない。潜在的顧客は「奇跡」を発見してようやく、楽しみへ行く道、つまり行楽への道が開けることができるのだ。

そして、世界が奇跡に満ちていることが分かれば、もっと世界を好きになる。世界を好きになれれば、生きることが楽しくなる。楽しくなればもっと楽に生きられる。まさに、「「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」(『論語』(岩波文庫84頁)にも通じる。

地球でもよいし、地域でもよい。まずは、自分の周りが奇跡に満ちていることをしっかりと押さえる。地球と地域で、人生という旅をさせてもらっている客が、奇跡や奇跡的な出来事をストーリーとして紡ぐことによって、潜在的顧客から顕在的顧客になる。

そうすれば、「相模原の観光振興と課題」の中で羽田耕治先生(横浜商科大学名誉教授)が指摘した「SDGsに資する観光」の真価が発揮され、職場旅行3.0もよりアクティブに様相を変えることが予想される。

また、「産地ブランドの収益化を考える:PLCを超えた存在になるには」の中で、竹田育広先生(商学部観光マネジメント学科教授)が、収益化モデルを分かりやすく「売り手良し買い手良し地域好し」とした「三方良し」も実現され、数多のフィールドワーク[4]の成果から、「まずは自分の店に人を呼ぶことを考える」「部分開発という小さな流れを作る」「ラストワンマイルの移動をさせる(せっかくのついで=せっかく来たのだからついでに行こうという気になる場所を作る)」というプレイスブランディングのスタートアップとの親和性も高いとみた。

そして、そうした顧客に支えられていれば、観光も人生も、ふわふわした「いいね」に振り回されて、結局大きなお金の言いなりになってしまうことも、あるいは、PLC(=プロダクトライフサイクル)が必然的に雪崩れ込む衰退期に対しても、フランケンシュタイン的な墓穴を上手にかわして、持続的発展の目標にも適う。いずれにしても、一人ひとりが主体的に動き出すことなのだ。


つながる光



相模原の観光。各種素材は揃っていても、それらが一向につながらないということは、つながるための伸びしろが無限大にあるということだ。つまり材料の宝庫。「宇宙も含む大きな世界」と「私」をつなぐ「奇跡」に気づき、ストーリーを紡ぐ格好の舞台である。誰かの大きな「いいね」のストーリーを待つのではなく、自分から小さな奇跡探しを行なう。LEDだけが光ではない。一人ひとりの心がほんのりとでも光る奇跡をしっかりと探していく。一緒にならできる誰かと探してみるのもよい。点と点をつなぐのは、道路や車や自転車、あるいはWi-Fiや光回線だけではない。相模原の観光は、一人ひとりのささやかではあってもしっかりとした奇跡発見の光に照らされたストーリーによる価値の共創を通じて、つながれるのを待っているように思われる。

なお、この小さな奇跡探しは、筆者が教員としてかかわる相模原ビジネス専門学校観光学科の学びの柱にしようと考えている。相模原の観光にも、私たちの試みにも光が射したように感じた講演会であった。

開催にご尽力された、先生方、関係者の皆々様に改めて心より感謝申し上げます。

2020年2月2日 




[1] 「Facebook で使用されている言語と各言語における「like」ボタン表記」http://citrusjapan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/01/img_22_02.jpg


[2] ちなみに、ウェブ上のアラビヤ語英語辞典の中には、受動態で「 أُعْجِبَ بِـ

 私は~に驚かされた」をlikeの訳として掲載しているものもある。

https://en.bab.la/dictionary/english-arabic/like 

いずれにしても、元の動詞は、أعجب であり、名詞としては、驚嘆・感嘆の意。同じ語根からなる言葉の中に「奇跡」を示す語も存在する。


[3] トーテムポールは、かつて北米大陸の原住民が森の中を歩いているときに、踏みつけると立ち上がる木に遭遇したのが始まりとされる。てこの原理で起き上がったものなのだが、そのことが分からなかった当時に、その木が神聖化されたのだという。




[4] 当日、紹介された訪問先(一部)は次の通り。長浜:黒壁ブランド、川越:氷川神社、かき氷、通りゃんせ神社に人影なし、小布施:栗、北斎、小布施堂、一族で企業も行政も、ミルグリーン、近江八幡:バームクーヘン、たねや、ラコリーナ、魚津:StarUozu、ミラタンAKB Candy、米騒動もネタ、日野:古民家カフェ、茂原:スタミナ系ラーメン、カフェ(移住マダムランチ1500円)、阿賀野:ゆだからサーモン・・・。

(dichotomy) انتبه إلى الانقسام

قالت الأخبار التيليفازية إن التعبير الإنجليزي لإعلان المطار لشركة الخطوط الجوية اليابانية قد تغير اليوم. اختفت عبارة السيدات والسادة. وقالت ...